Apple ARヘッドセット、今年後半に生産を開始か

Apple ARヘッドセット、今年後半に生産を開始か

ARヘッドセット

Appleはあらゆる機会での拡張現実について語っています、これまでのところその熾烈な野心はiPhoneとiPad上のARKitアプリとして実現しただけですが、 AppleがARメガネ/ヘッドセット製品を開発していると広く報告されています

本日、Ming-Chi Kuo氏は、Appleの最初の拡張現実製品が今年の第4四半期にはすぐに量産に入ると報告していますが、遅くとも2020年の第2四半期までに量産する予定だと報告しています

Kuo氏は、Appleの第一世代のARメガネはiPhoneに大きく依存するだろうと言っています

アナリストによると、ARメガネは本質的に、実際のコンピューティング、レンダリング、インターネット接続、およびiPhoneからユーザーのポケットに入ってくるロケーションサービスだけでディスプレイとして機能すると言います

スポンサーリンク


ペアリングはApple Watchのようにワイヤレスで動作すると想定されていますが、レポートには明示的には記載されていません

iPhoneによっては、Appleがすべてをユニットに詰め込もうとするよりもはるかに軽量で快適なARヘッドセットを作成できるようになるでしょう

しかし、それはまたあなたの顔にAR体験を駆り立てるために、iPhoneのバッテリー寿命をどれだけ犠牲にする必要があるかというような明白な問題を提起します

iPhoneを使っていても、Appleはディスプレイやそれに付随する深さセンサーのような多くの技術をメガネに組み込む設計をしています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)