AppleのiMac Proに2つのVega GPUが搭載されていたら?

AppleのiMac Proに2つのVega GPUが搭載されていたら?

「macOS 10.13.3 beta 4の助けを借りて、eFX Box経由で2番目のVega GPUをiMac Proに追加することができました」として、Bare Featsがベンチマークを公開しています

グラフの凡例

  • Pro Vega 64 + Frontier
  • 内部AMD Radeon Pro Vega 64(16GB)GPUと外部AMD Radeon Vega Frontier Edition(16GB)GPUの両方がアクティブ
    FrontierはiMac ProのThunderbolt 3ポートに接続されたSonnet eGFX Breakaway Box(650W)に搭載されています

  • Vega Frontier
  • Sonnet eGFX Breakaway Box(650W)の外部AMD Radeon Vega Frontier Edition(16GB)のみがアクティブ

  • Pro Vega 64
  • 内蔵AMD Radeon Pro Vega 64(16GB)GPUのみがアクティブ

LuxMark 3.1 OpenCL Test

この2分間のOpenCLベンチマークでは、どのGPUがレンダリングを行うかを選択でき、以下に示すように 1つまたは複数のGPUを選択できます、(より高い KSamples/Sec=高速)
2Vega GPU 001
2Vega GPU 002

スポンサーリンク

Blender 2.79 – Render Scene using GPUs only

BMW Benchmarkサンプルシーンを使用して、OpenCLモードでGPUを使用してレンダリングします、ユーザー設定では、どのGPUがアクティブであるかを選択できます(より低い 時間(秒)=高速)
2Vega GPU 003

DaVinci Resolve Studio 14.2 – レンダリング時のノイズリダクション

Candle benchmark projectを使用して、1080pクリップを再生しながら、ノイズリダクションを即時に再生、環境設定>ハードウェア設定> GPU処理モードでOpenCLを選択
GPU選択モードでは、どのGPUがアクティブであるかを選択できます(より速い Frame/秒=高速)
2Vega GPU 004
2Vega GPU 005

結果として

すべてのMacアプリが複数のGPUを使用できるわけではありません

私たちは、複数のものを使用するだけでなく、どれをどれだけ管理するかを完全に制御するものを特集しました、とMorgan氏は書いています
「ここで紹介したアプリケーションでは、2つのVegasが1つより優れていただけでなく、帯域幅がThunderbolt 3によって制限されていても、より速い外部GPUが内部のGPUより速くなる可能性があります」

いずれの場合も、Mac Proの内蔵5K Retinaディスプレイを使用しました
一部のアプリでは、外部のディスプレイに直接接続してプライマリにしない限り、外部のGPUは無視されます
しかし、それでも速い外部GPUの利点は、Thunderbolt 3接続の帯域幅によって妨げられる可能性があります、たとえば、Vega Frontierや外部ディスプレイで動作している場合よりも、iMac Proの内部のPro Vega 64と内部ディスプレイを使用するほうが、ゲームの方が速かったということが分かりました

:Vega Frontier Editionを選択した理由の1つは、RX Vega 64にBlenderとResolveを実行する問題があったためです
これらの問題が解決されれば、それをミックスに追加し、iMac Pro上で動作する2つの外部GPUを追加することさえできます

iMac ProがLuxMarkのLuxBallシーンを3つのVegasでレンダリングしていた時の結果は、69,185 KSamples / secでした

(Via Bare Feats.)


「Bare Feats」はこれまでも『iMac ProのGPU「Pro Vega 56」と「Pro Vega 64」 を比較』『Bare Feats、iMac Pro PCIeベースのフラッシュストレージを他のMacと比較』『「iMac Pro」vs「Mac Pro」vs「iMac 5K」、CPUとGPUパフォーマンスを比較』などを公開しています


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)