Bare Feats、iMac ProのGPU「Pro Vega 56」と「Pro Vega 64」 を比較

Bare Feats、iMac ProのGPU「Pro Vega 56」と「Pro Vega 64」 を比較

「Pro Vega 56」vs「Pro Vega 64」

iMac Proのベースとなるグラフィックカードは「Radeon Pro Vega 56(8GB HBM2メモリ搭載)」で、オプションの「Radeon Pro Vega 64(16GB HBM2メモリ搭載)」(¥66,000)があります

GRAPH LEGEND

  • Pro Vega 64

  • AMD Radeon Pro Vega 64 (16GB) GPU inside the 2017 iMac Pro 3.2GHz 8-Core Xeon W-2140B CPU, 32GB of 2666MHz DDR4 ECC SDRAM

  • Pro Vega 56

  • AMD Radeon Pro Vega56 (8GB) GPU inside the 2017 iMac Pro 3.2GHz 8-Core Xeon W-2140B CPU, 32GB of 2666MHz DDR4 ECC SDRAM

スポンサーリンク

コンプレッサー – トランスコード

FCPXはBruceXプロジェクトをCompressorに送信し、Apple 4Kにトランスコードします
(LOWER時間(秒)=高速)
Imacpro GPU 001

Final Cut Pro X – エクスポート

BruceXプロジェクトは、ProRes 4444 XQ Masterにエクスポートされます
(LOWER時間(秒)=高速)
Imacpro GPU 002

Cinebench OpenGL

これは、アニメーションカーチェイスの再生を使用してOpenGLのパフォーマンスを測定します
(より高いフレーム/秒=より速い)
Imacpro GPU 003

Geekbench 4 OpenCL Compute OpenC

OpenCL Compute OpenCLを使用して、画像処理からコンピュータビジョン、ナンバークリンチまでのGPUの計算性能を測定します
(より高いスコア=より速い)
Imacpro GPU 004

Geekbench 4 Metal Compute Metal

Metal Compute Metalを使用して、画像処理からコンピュータビジョン、ナンバークリンチまでのGPUの計算性能を測定します
(より高いスコア=より速い)
Imacpro GPU 005

結果から

これらのテストに基づいて、オプションの「Pro Vega 64 GPU」に¥66,000支払うと、最大32%のパフォーマンスが向上します

「Pro Vega 64 GPU」では、VRAMの8GBを2倍の16GBにします
「コンプレッサー – トランスコード」と「Final Cut Pro X – エクスポート」で大きな差を実感できました

「Pro Vega 64」を選択することは、将来の購入を保証するのに良い投資のようです、メインロジックボードにはんだ付けされており購入後にGPUをアップグレードすることはできません

画像元:Bare Feats
(Via Bare Feats.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)