【Mac】サウンドすべてをAirPlayってちょっとね…、「iTunes」の様に個別アプリでAirPlayしたい!

【Mac】サウンドすべてをAirPlayってちょっとね…、「iTunes」の様に個別アプリでAirPlayしたい!

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

AirPlay対応は「iTunes」のみ

iOSのミュージックアプリはアプリ個別でAirPlayできるのが殆どです、しかしMacとなるとアプリケーション自体でAirPlay対応しているのは実は「iTunes」だけなのです

JazzRadioCom 012

なのでMacのミュージックアプリケーションやブラウザでアクセスするミュージックラジオサイトのサウンドをAirPlayするには「システム環境設定」 > 「サウンド」で出力をAirPayを選択しなければなりません

JazzRadioCom 011

この設定にすると、Macのすべての音がAirPlayのスピーカーに出力されます

AirPlayはタイムラグがあり、AirPlayのスピーカーからは若干遅れて聞こえてきます

iTunesの場合、サウンドだけなら画面と連動していませんから全く違和感はありませんがアラート音などがAirPlayされるととても違和感があり、全然お洒落ではないですね


スポンサーリンク



アプリ個別にAirPlayスピーカーからサウンド出力



私と同じような需要があるのでしょうね、アプリ個別にAirPlay出来るアプリがありました!それが「Airfoil」です


  1. 「Airfoil」を起動して「Source:」をクリックします

  2. JazzRadioCom 002b

  3. 「Safari」を選択します

  4. JazzRadioCom 003a

  5. 拡張機能のインストール問い合わせ画面が表示されるので「Install」をクリックします

  6. JazzRadioCom 004

  7. 「Install」をクリックします

  8. JazzRadioCom 005a

  9. 「ユーザ名」「パスワード」を入力します

  10. JazzRadioCom 006

  11. インストール完了が面が表示されます

  12. JazzRadioCom 007

  13. 「Source:」をクリックし「Safari」を選択します

  14. JazzRadioCom 008a

  15. Safariで「JazzRadio.com」で再生します

  16. JazzRadioCom 001

  17. 「Airfoil」でAirPayスピーカーを選択します

  18. JazzRadioCom 009a

以上で、Macでも指定したアプリケーション「Safari」からのみサウンドをAirPlayスピーカーで鳴らすことが出来るようになります

また、iPhoneからも「Airfoil Satellite」を利用することで操作できるようになります

「Airfoil」の公式サイトはこちらです



Airfoil Satellite
カテゴリ: ミュージック, ユーティリティ
価格: 無料


リリース日: 2015/12/07
サイズ: 2.9 MB
ユニバーサル対応: iPhone/iPadの両方に対応
バージョン: 1.1
販売元: Rogue Amoeba Software, LLC

ss1 ss2













LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)