M1 Macで外部ブートディスクが未だ正常に機能しない

M1 Macで外部ブートディスクが未だ正常に機能しない

M1 MacでBigSur 11.1を実行している場合、ブート可能な外部ディスクを作成することはまったく予測できません

一部のユーザーは幸運に恵まれているようで、M1 Macに最初に接続した外部SSDはBig Surのインストーラーで問題なく動作し、後戻りすることはありません

それ以外の人は、macOSのインストーラではうまくいかず、高品質のSSDは起動できないままになっています

Big Surが11.2にアップデートされたので、外部ブートディスクにどのような影響を与えるのか、そしてそれが最終的にすべてを動作させるのかを確認しました、しかし、11.2はこの問題を解決するどころか、実際には悪化させてしまいます

新しい外部ブートディスクの作成

macOS 11.2は11.1よりも信頼性が低いということはありません、11.2のフルインストーラアプリを使用して、以前動作した1つのSSD (Samsung X5)が引き続き機能し、11.1のブート可能なインストールを必要としないSSDはまだ期待に応えてくれません

この問題が発生するのは、通常のインストールフェーズの最後で、インストーラがMerkleツリーにハッシュを書き込んでいいて、インストーラーウィンドウに残り約1分しかないと表示されます

この段階で、アクティビティモニタは、com.apple.MobileSoftwareUpdate.UpdateBrainService が多くの CPU を使用しており、何分間も持続的に激しいディスクアクティビティがあることを報告しています

インストールが完了すると、Macが外部ディスクから再起動してインストールを完了するのではなく、インストーラが終了するだけです、外部ディスクから再起動しようとすると、エラーが発生します

スポンサーリンク

ブート可能な外部ディスクを11.2に更新する

Appleは11.2のアップデートインストーラを提供していないため、既存のブート可能な11.1外部ディスクをアップデートする論理的な方法は、そこから再起動してソフトウェアアップデートを実行することです

外部ディスクで11.1から起動しようとするたびに、ブートループカーネルパニックが発生したため、これはまったく機能しませんでした

M1 Macは、ディスプレイがしばらく真っ暗になる前に、外部ディスクから起動し始めました、その後、電源ボタンを押したままMacを強制的にシャットダウンするまで、何度も試しました

M1 Mac miniを正常に起動させる唯一の方法は、電源ボタンを使用して強制的にシャットダウンし、外部ディスクを切断し、リカバリオプションで起動し、内部ディスクから起動するように設定することでした

カーネルパニックは、システムファイルの名前とは関係がないように見える「cannot find IOAESAccelerator」のためと思われます

11.1を介した11.2のインストール

外部ディスクから起動できなかったので、次のステップは11.2を外部ディスクにインストールすることでした、これはインストールの後半に失敗し、ディスクの所有権を設定できないという一般的なインストールエラーが発生しました

スポンサーリンク

11.2を消去して新たにインストール

External boot disk M1Mac 00002
唯一の選択肢は、最初からディスクユーティリティを使用して外部ディスクをフォーマットし、そこに11.2の新しいコピーをインストールすることでした、これは最終的にはうまくいきましたが、さらに問題が発生した後でした

インストール中に、内部SSDからアカウント設定をコピーすることを選択しましたが、「This Mac can’t be used to migrate data」のため、これは失敗しました、また、「Due to an issue with unlocking this system, you can’t migrate. Please update this Mac and retry」と言われました

External boot disk M1Mac 00003

したがって、外部ディスクに新しいユーザーを作成する必要がありましたが、そのユーザーが別のユーザーの長いユーザー名と短いユーザー名を持っている必要があることに戸惑いました

後で、移行されたユーザーアカウントが作成されたことがわかりました、したがって、ブート可能な外部ディスクには2人の管理者ユーザーがいます、1人は内部SSDからコピーされ、もう1人は新しく作成されました

とは言え、ついにBig Sur11.2を実行するブート可能な外部SSDになりました、た、スタートアップディスクペインを使用した切り替えの信頼性も高いようです

結論

Big Sur 11.2は、外部ディスクをブート可能にすることを容易にするために何もしません、一部のSSDは機能しますが、他のSSDは機能しません、また、特定のM1でどちらが機能するかについては賭けのようです

ブート可能な外部ディスクを更新することはできません、ディスクにmacOSがインストールされたことがないかのように、フォーマットして新しいシステムをインストールするだけです

11.2フルインストーラーは、既存のアカウント設定を内部SSDから11.2の新規インストールにコピーすることはできません

M1 Macは現在、ブート可能な外部ディスクでは確実に動作しません、外部ディスクから起動したいユーザーは、Appleがこれらの問題を完全に修正するまで、M1モデルを購入しないのが賢明です

(Via The Eclectic Light Company.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)