MacBookのTouch Bar用のカラフルなオーディオビジュアライザー「AVTouchBar」

MacBookのTouch Bar用のカラフルなオーディオビジュアライザー「AVTouchBar」

現在のMacBook Proモデルに搭載されているTouch Barは、まもなく廃止になると言われています、次世代のMacBookは、Touch Barに別れを告げ、代わりに従来のファンクション・キーを再び使うようになるかもしれません

Touch Barは同社のすべてのコンピュータで利用できるわけではないため、多くの開発者がアプリケーションで個別に検討することができません、一方で、ほとんどのアプリのTouch Barへのサポートは非常に貧弱で、MacBook Airのようなデバイスでは、多くのユーザーがTouch Barを本当に懐かしく思っていません

さらに、AppleがTouch Barをまったく開発しなかったことも非難されるべきです、Touch Barは、わずかな短縮と本物のEscapeキーへの復帰を除けば、発売以来ほとんど変わっていないし、改善もされていません

ミニアプリのAVTouchBarは、これが面白い機能で輝く可能性があることを示しています、Touch Barをオーディオビジュアライザーに変え、コンピュータ上の音楽出力にリアルタイムで「踊る」のです

スポンサーリンク


Jake Fishman氏が提供している実験は、CPUを多用するパッチワークで、日常的な使用にはあまりお勧めできませんが、Touch BarはAppleが考えている以上のことができるはずだということを証明しています

使用中、AVTouchBarはCPUパワーの30%近くを消費し、システムオーディオを評価できるようにするためにはループバック拡張が必要です

しかしその分、ギミックでは表示色の設定が可能で、スワイプジェスチャーによるダイレクトな音量調整が可能になっています

(Via ifun.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)