DxO社はGoogleより写真編集スイートの「Nik Collection」を買取し開発を続けると発表

DxO社はGoogleより写真編集スイートの「Nik Collection」を買取し開発を続けると発表

Nik Collection

Googleは、2016年3月写真ソフトウェアスイートの「Nik Collection」を買収し、それまで150€で販売されていましたが無償で提供する事を発表し、写真愛好家を喜ばせました

「Nik Collection」は、WindowsとMacOSの下で単一のアプリケーションとして、またAdobeのPhotoshopやLightroo、AppleのApertureのプラグインとしても利用できました
NikCollection 002
しかし、買収1年後にGoogleは「Nik Collection」をこれ以上開発しないと発表していました

スポンサーリンク


カメラテスト、Mac やPCでのRaw現像アプリケーション「DxO Optics Pro」で知られているDxO社は、Googleより「Nik Collection」を購入し、写真ツールの開発を引き継ぐことを望んでいます

DxO社は次のように述べています
新しい「Nik Collection 2018 Edition」は、2018年中にダウンロードできるように予定されています。現在のバージョンは引き続き無料でダウンロードできます

「Nik Collection」は、写真家が絶対に愛する写真を作成するためのツールを提供します。私たちは高品質の写真ソリューションに専念するDxOを買収して開発を続けることに興奮しています

「Nik Collection」のアプリ

  • Analog Efex Pro
  • 昔ながらのカメラ、フィルム、レンズの雰囲気を楽しめます

  • Color Efex Pro
  • 色調補正、レタッチ、クリエイティブな効果を加えることができる包括的なフィルタセット

  • Silver Efex Pro
  • 暗室のイメージを元にしたコントロールにより、モノクロ写真の芸術を極めます

  • Viveza
  • 複雑なマスクや範囲指定なしで、画像の色や色調を部分的に調整できます

  • HDR Efex Pro
  • 自然な表現から芸術的な効果まで、HDR 写真のあらゆる可能性を探求します

  • Sharpener Pro
  • プロが選ぶ画像シャープツールを使用して、隠れた細部の魅力を引き出します

  • Dfine
  • お使いのカメラに合わせてノイズを低減し、画像を補正します

(Via ifun.)


「DxO Optics Pro」ユーザーの私にとっては嬉しい知らせです

「DxO Optics Pro」もLightroomのプラグインとしても動作するので、これから十分に期待できそうです

また、Macの「写真.app」の拡張機能として「DxO Optics Pro」のエンジンを使った「DxO Optics Pro for Photos」もリリースしている事から「写真.app」の拡張機能としても期待できそうです

「Nik Collection」は現在も、こちらからダウンロードできます


DxO OpticsPro for Photos
カテゴリ: 写真, グラフィック&デザイン
価格: ¥1,200


リリース日: 2015/12/18
サイズ: 55.2 MB
ユニバーサル対応:
バージョン: 1.4.2
販売元: DxO Labs

ss1 ss2



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)