ウォルマートは従業員のPCコストを節約するために10万台のMacを導入する予定

ウォルマートは従業員のPCコストを節約するために10万台のMacを導入する予定

世界最大の小売業者「ウォルマート」

ウォルマートは、「Everyday Low Prices」というスローガンで知られています
プレミアムアップルのハードウェアを使用して従業員の生産性を向上させながら、長期的なコスト削減を目指して従業員のMacの選択プログラムを導入が計画段階となっています

ウォルマートは、今週ミネソタ州ミネアポリスにあるJamf本社の近くで開催される、世界最大のApple中心のITイベントであるJamf Nation User Conferenceで、Macの選択プログラムについて説明しました

Jamf Nation User Conferenceは以前、IBMのプレゼンテーションで注目を集めていました
グローバル・テクノロジー・サービス会社は独自の従業員の Macの選択プログラムで、従業員のWindows PCからMacへの移行に伴う大幅なコスト削減が見込まれました

スポンサーリンク


IBMのユーザーにおいて、PCユーザーはMacユーザーに比べて2倍のサポート・コールを行い、PCサポート・チケットでは、IT担当者のデスクサイド・サポートに5倍の頻度で対応する必要があると指摘しました

同社の独自の分析によれば、導入された各Macは、Windows PCに比べて270ドルのサポートコストを節約することができました


画像元:appleinsider
(Via appleinsider.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)