発売後2年経過した「iPhone 6s」は、Samsung 「Galaxy S8」をスピードとメモリ管理で凌駕する

発売後2年経過した「iPhone 6s」は、Samsung 「Galaxy S8」をスピードとメモリ管理で凌駕する

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

「iPhone 6s」vs「Galaxy S8」

SamsungのGalaxy S8は、ライバルとの競争がほとんどなく、「市場の最新の主力スマートフォン」としてトップを獲得しました

しかし、発売後2年経過した「iPhone 6s」は、最新のハードウェアを搭載している Samsung 「Galaxy S8」をスピードとメモリ管理テストで凌駕しています

「International Business Times」にVinod Yalburgi氏は次のように報告しています

「2015年のiPhone 6sをまだ使用しているなら、Galaxy S8のような現代の旗艦とは対照的に、非常に高速なスマートフォンの誇りある所有者です」

「YouTuber PhoneBuffは、最高のパフォーマーを決定するために、両方の電話機を一連の厳格なテストに通しています」

テストの詳細によれば、両方の電話機は、アプリケーションの起動時間が最も速く、マルチタスク機能の2つ評価されます

小さなアプリを読み込むとGalaxy S8の未処理の処理能力は、最初はiPhone 6sよりも早く見えます、大きなアプリやゲームを起動するとiPhone 6sが優位になります
iPhoneは歴史的にゲームやプロセッサーの多いタスクで優れていますが、今回も変わりません


スポンサーリンク







画像元:International Business Times
(Via International Business Times.)


ハードウェアが最新だからと言ってスピードやメモリ管理も上だと言うことではなく、システムも含めたトータルが大切だと言うことになるのでしょうね


では、では・・・









LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)