iPhone 13 Pro Maxに代わってiPhone 14 Pro Max が「Best Smartphone Display Award」を受賞

iPhone 13 Pro Maxに代わってiPhone 14 Pro Max が「Best Smartphone Display Award」を受賞

DisplayMateの年次イベント「Display Technology Shoot-Out」によると、iPhone 14 Pro Maxは、市場で最も優れたスマートフォンディスプレイを提供する製品として評価されています

「DisplayMate Best Smartphone Display Award」 を受賞し、iPhone 14 Pro Maxの本体は昨年の勝者のiPhone 13 Pro Maxに代わって、ディスプレイ性能等級A+を獲得しています

Phone 14 Pro Maxは、iPhone 13 Pro Maxと基本的に同じ解像度を持ちながら、Appleは注目すべき数々の改良を加えています

LTPO OLEDディスプレイは、10Hzから120Hzの代わりに1Hzから120Hzの範囲で、低消費電力の常時表示オプションを可能にし、さらにDynamic Islandによって利用できる表示領域が増えました

DisplayMateの調べでは、iPhone 14 Pro MaxはiPhone 13 Pro Maxの2倍以上となる2,300nitsのピーク輝度を叩き出すことができるそうです

Appleはピーク輝度2,000nitsを宣伝しているので、今回のテストはAppleのガイドラインさえ超えています、DisplayMateによると、HDRの輝度は最大1,590nitsで、iPhone 13 Pro Maxより33パーセント向上しています

スポンサーリンク

iPhone 14 Pro Max が受賞した、スマートフォンのディスプレイ性能に関する各賞

  • 白の最高の色精度
  • 最高の絶対色精度
  • APL による色精度の変化を最小限に抑える
  • APL で最小の最大カラー シフト
  • 最高の画像コントラスト精度と強度スケール精度
  • APL による画像のコントラストと強度スケールの最小シフト
  • APLによるピーク輝度の最小変化
  • OLEDスマートフォンで最高の全画面輝度
  • 最高ピーク表示輝度
  • 最高のコントラスト比
  • 最低の画面反射率
  • 周囲光で最高のコントラスト評価
  • 視野角による明るさの変化が最小
  • 視野角による白色の最小の色変化
  • 目に見える最高の画面解像度

iPhone 14 Pro Maxは、上記の合計 15の賞を受賞し、iPhone 13 Pro Maxが獲得した 13から増えました

DisplayMate によると、AppleはOLEDの絶対的な画質と絶対的な色の正確さを向上させることに専念しており、工場出荷時にディスプレイを正確に調整しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)