AirPods Pro 2のスキャンで、新しいストラップループの隠された目的が明らかに

AirPods Pro 2のスキャンで、新しいストラップループの隠された目的が明らかに

AirPods Pro 2は、Appleが2019年に発売した当初のバージョン以来、初の新バージョンとして先週金曜日に発売されました

最大の変更点は、付属の充電ケースに、新しいストラップループ、探すインテグレーション、内蔵スピーカーが追加されたことです

Lumafieldの新しいCTスキャナーでAirPods Pro 2の充電ケースの内部を見ると、その新しいストラップループには見た目以上のものがあるように見えます

CTスキャンを見ると、新しいAirPods Pro 2の充電ケースの内部レイアウトは、第1世代とほぼ同じであることがわかります、蓋を閉じた状態を維持し、各イヤホンを固定するためのマグネットと並んで、メインロジックボードを囲むように2つのバッテリーが配置されています

また、ワイヤレス充電用コイルの周りには、MagSafe充電をサポートするためのマグネットが4つ付いています

スポンサーリンク


しかし、興味深いのは、充電ケースの側面にある金属製のハトメを見たときです、Appleはこれをストラップループのためだけに存在すると言っていますが、CTスキャンはそれ以上の何かを示唆しています

AirPods Pro 2 New 002

ケースの側面には、新しい金属製のアイレットがあります。Appleは、これはストラップ用だと言っていますが、それ以外の目的もあるようです

深さ4mm、長さ18mmで、Lightningポートの周りの金属パッドに接続された、隠れた尻尾があります、おそらく、「探す」をサポートするためのアンテナなのでしょう

これが本当にそうなのかどうかは、今のところ不明です、iFixitの人たちは、おそらくある時点で物理的な分解を行うでしょうから、もっと詳しいことがわかるかもしれません

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)