Apple、MacとiPad用の「スクールワーク 2.0」をまもなくリリース

Apple、MacとiPad用の「スクールワーク 2.0」をまもなくリリース

スクールワーク 2.0

「スクールワーク」は、教師が課題や配布物を管理できるようにする、MacとiPad用ソフトウェアです

「スクールワーク」は、Appleの「クラスルーム」アプリの成功に基づいており、これは世界中の学校でiPadを教室に統合するのを助けるために使われていいます

「スクールワーク」と「クラスルーム」は、教師と管理者がAppleのテクノロジを学校に最大限に組み込むことができるように設計されています

「スクールワーク」では、教師がiPadアプリ内で特定のアクティビティを割り当て、生徒にアプリ内の特定のポイントに直接誘導することができます

Nearpod、Tynker、Kahootなどの人気の高い教育アプリケーションは、すでに「スクールワーク」のサポートを統合しています。生徒はアプリを使って整理整頓を保ち、完了する必要のある課題や提出時期を把握することができます

スポンサーリンク


「スクールワーク」を使えば、教師は授業の成績のスナップショットを見ることができ、生徒の進捗状況をアクティビティ全体で確認することができます。Appleによると、プライバシーとセキュリティ機能が組み込まれているため、学校は生徒が使用するアカウントを作成、所有、管理し、生徒の進捗情報をいつ共有するかを決めることができるとのことです

CNETによると、Appleは「スクールワーク 2.0」では、FilesのようなiPadOSのアプリケーションに見られる機能を搭載し、ソフトウェアのナビゲーションを高速化するように設計したとのことです

左側にソースリストを備えた新しいHandoutライブラリがあり、異なるクラスや下書きやお気に入りのある学生のライブラリに簡単に移動できるようになっています

Appleはまた、「スクールワーク」の「Handout」の詳細表示を再設計し、教師が課題を終えた学生の割合や、課題にどれくらいの時間がかかったか、誰かが外れていたかどうかをすぐに確認できるようにしました

Appleはまた、教師がFaceTimeを使って生徒にすぐにメッセージを送ったり、電話をかけたりできる機能も追加しました

(Via CNET.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)