Apple、XProtectRemediatorセキュリティソフトウェアのアップデートを12月8日(現地時間)にサイレントアップデート

Apple、XProtectRemediatorセキュリティソフトウェアのアップデートを12月8日(現地時間)にサイレントアップデート

Appleは2022年12月8日(現地時間)、Catalina以降を実行しているMac用のXProtectRemediatorセキュリティソフトウェアをサイレントアップデートしバージョン86にしています

XProtect 1209 002

Appleは、これらのアップデートが追加または変更する内容に関する情報をリリースしません

この更新プログラムでは、実行可能コードモジュールはこれ以上追加されません

スポンサーリンク

確認方法

このアップデートがインストールされているかどうかを確認するには、[マーク]>[このMacについて]から[システム情報]を開き、[ソフトウェア]の下の[インストール]項目を選択します

macOS Venturaの場合は[システム設定]>[一般]>[情報]から一番下の[システムレポート]ボタンをクリックし、[ソフトウェア]の下の[インストール]項目を選択します

表示されれば、ソートを「インストール日」の新しい順にすると「XProtect Remediator」のバージョンが86になっていればアップデートされています
XProtect 1209 003
自動でインストールされるには[システム設定]>[一般]>[ソフトウェアアップデート]で[自動アップデート]横の[i]ボタンをクリックし[セキュリティ対応とシステムファイルをインストール」が有効になっている必要があります
XProtect 1028 004

スポンサーリンク

「サイレント」セキュリティ更新プログラムをインストールする方法

Eclectic Light Companyがリリースしているアプリ「SilentKnight」を利用します

2022 11 11 08 48 45 
SilentKnightは、Mac が最新かどうかを自動的に確認します

ファームウェア、セキュリティ設定、データファイルのほか、macOSのマルウェアスキャンもチェックできます

SilentKnight 00001 z

Catalina から Venturaをサポートする最新の「SilentKnightバージョン 2.3」は、ここから入手できます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)