【Mac】Apple、Gatekeeper のデータをアップデート

【Mac】Apple、Gatekeeper のデータをアップデート

Gatekeeper

デフォルトでは、Mac のシステム環境設定の「セキュリティとプライバシー」は、App Store と確認済みの開発元からのアプリケーションを許可する設定になっています、さらにセキュリティを強化するため、App Store から入手した App しか許可しないように設定を変えることができます

Gatekeeper Configuration Data

Appleは、Gatekeeperによって使用されるデータをアップデートしています

アップデート日は2019年6月4日でバージョンは「167」となっています
Gatekeeper Configuration Data 00001

Appleはこのアップデートがどんな変更をもたらすかについての詳細を提供しません、しかしそれは通常署名ソフトウェアで使用されたセキュリティ証明書の最近の失効を含むと予想されます

スポンサーリンク

バージョンの確認方法

  1. メニュバーのアップルマークから「このMacについて」を選択します
  2. Mac Anti Virus Software 00007

  3. 「システムレポート…」をクリックします
  4. Mac Anti Virus Software 00008

  5. 左側の項目で「▼ソフトウェア」にある「インストール」を選択します
  6. リストをスクロールして「Gatekeeper Configuration Data」「MRTConfigData」「XProtectPlistConfigData」のバージョンを確認します
  7. Mac Anti Virus Software 00009

自動で最新の状態に保つために

  1. 「システム環境設定」>「ソフトウェア・アップデート」を選択します
  2. 「詳細…」をクリックします
  3. Mac Anti Virus Software 00010 z

  4. 「システムデータファイルとセキュリティアップデートをインストール」にチェックを入れ「OK」をクリックします
  5. Mac Anti Virus Software 00011a z

スポンサーリンク

手動で更新

これまで、自動で最新の状態に保っていない場合、XProtectなどの更新は24時間サイクルで実施されていますが、最終更新日時やバージョンはわかりません

これを確認、実行する場合は、以下のコマンドラインをTerminalで実行します

  • 「Gatekeeper Configuration Data」「MRTConfigData」「XProtectPlistConfigData」などのアップデートを確認する
  • softwareupdate -l --include-config-data

  • 表示されたすべてのアップデータをインストールする
  • softwareupdate -ia --include-config-data











COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By Jim

    酔いどれ 様

     Blogを拝見し、「??、これって気にしてなかったな〜」と思い、早速に確認致しましたら、酔いどれ様のBlog内での説明項目、すでに、MacBook Pro Retina 2018 上で設定しておりましたので、無事にアップデートされていました。Blog 内容、確認の為にも非常に役立ちました。

    Jim,

  2. By Jim

    酔いどれ 様

     追伸:本日の確認で、このバージョンは、8月1日時点で「174」になっていました。

    Jim,

    • By 酔いどれ

      確認ありがとうございます

      システムレポートはバージョン174なんですよね

      EFIcienC.appでは175なのでどうかなと思っているのですが、次のアップデートで解るかなとも思っています

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)