WWDC 2019では発表されなかった「macOS 10.15 Catalina」の6つの機能

WWDC 2019では発表されなかった「macOS 10.15 Catalina」の6つの機能

AppleはWWDC 2019の基調講演で「macOS 10.15 Catalina」の機能を発表しました

しかしAppleはすべての機能をカバーする時間がありませんでした
MacOS Catalina Features 00001 z

1. 専用システムボリューム

macOS Catalinaは専用の読み取り専用システムボリュームで実行されます、つまり、他のすべてのデータから完全に分離されており、重要なオペレーティングシステムファイルを上書きすることはできません

2. アプリのインストールを承認する

ロックされたメモのロックを解除し、アプリのインストールを承認し、システム環境設定の設定をロック解除し、ルートファイルを変更します

これらはすべてApple Watchで行えます

スポンサーリンク

3. Apple IDアカウントの詳細のための一つの場所

ユーザーはMac上のシステム環境設定から直接に自分自身の重要なApple IDアカウント情報にアクセスすることができます

4. 連絡先の新しい関係ラベル

連絡先には、連絡先リストの管理に役立つ、数百の新しい、より具体的な関係ラベルが追加されました

例としては、「若いいとこ」や「年上のいとこ」などがあります

5. サードパーティのクラウドサービス統合

クラウドストレージプロバイダ向けのまったく新しいFileProvider APIは、カーネルの拡張を必要とせずにサービスをFinderにシームレスに統合する新しい方法を提供し、Macのセキュリティを維持するのに役立ちます

クラウドストレージプロバイダは、Mac App Storeを通じて自分のアプリを配信できるようになりました

6. スナップショットから復元

他社のソフトウェアがインストールしたばかりのアップデートと互換性がない場合は、macOS Recoveryを使用してインストールの直前に作成したコンピュータのスナップショットから復元します

macOSとすべてのアプリは、アップデートをインストールする前と同じように動作します

(Via the Mac Observer.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)