新しいmacOS 10.15 Catalinaの MusicアプリではCDからリッピングした音楽はどうなるのか?

新しいmacOS 10.15 Catalinaの MusicアプリではCDからリッピングした音楽はどうなるのか?

Mac Music

Appleは、WWDC 2019で次期バージョンのmacOS 10.15 CatalinaでiTunesを廃止し、その機能をApple Music、Apple Podcast、およびApple TVの3つの新しいアプリケーションに投入することを発表しました

最近のAppleのストリーミング音楽に重点が置かれていますが、たとえばmacOS 10.15 Catalinaで新しいMusicアプリに切り替えると、CDから取り込んだ音楽はどうなるのか?

いくつかの詳細はまだあいまいであり、Appleから回答を得られました

古いiTunesのライブラリとファイル

macOS 10.15 CatalinaでのApple Musicはユーザーの既存の音楽ライブラリをiTunesから完全にインポートする、とAppleは回答しています

これには、iTunesで購入した音楽だけでなく、CD、MP3などから他のソースから追​​加されたものも含まれます

さらに、ユーザーのiTunes以外のファイルをクラウドに同期した既存の機能は引き続き機能し、もちろんユーザーはAppleから曲を購入することもできます

AppleはApple Musicをストリーミング専用の体験に変えていません、ほとんどの場合、iTunesの終わりは名前だけで終わるようです

重要な機能はMusicアプリにも残っています

スポンサーリンク

iPhone、iPad、iPodの同期

Appleは基調講演ですでに説明したように、MacからiOSデバイスとの同期と管理(これまではiTunesのタスクでした)がAppleのファイル管理アプリケーションであるFinder内で行われるようになります
MacOS 10 15 Music 00001 z
iPhone、iPod、またはiPadを接続すると、外部ドライブやUSBメモリと同じように、Finderのサイドバーに表示されます

しかし、それをクリックするときは、ファイルシステムを見るだけではありません

代わりに、これまでiTunesで慣れ親しんでいるものと非常によく似たインターフェースをユーザーに提示します

他のデバイスをMacに接続したときのエクスペリエンスによりよく似ていることを考えると、これが起こるのは確かにより自然な場所です

(Via Ars Technica.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)