MacBookのバタフライキーボードで二重入力になる問題を解決するアプリ「Unshaky」

MacBookのバタフライキーボードで二重入力になる問題を解決するアプリ「Unshaky」

バタフライキーボードの問題

AppleのMacBookのバタフライキーボードでは「文字が勝手に反復入力される」「文字が表示されない」「押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない」などの問題がおこっておりAppleは「MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム」で無償の修理を行っています
Unshaky 00002

対象モデル

  • MacBook (Retina, 12- inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12 -inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12- inch, 2017)
  • MacBook Pro (13 -inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15- inch, 2016)
  • MacBook Pro (15- inch, 2017)

スポンサーリンク

フリーウェアアプリ「Unshaky」とは

修理の日まであと2、3日残っているユーザーに、壊れたキーボードでの作業をできるだけ快適にしてもらいたいと考えて作成されたアプリケーションが「Unshaky」でバージョン 0.4.0がリリースされています

アプリはキーボードを追跡し、それが2つの問題を引き起こす前にキーストロークの間の最小時間があることを確認します
Unshaky 00001











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)