Appleの最新のMacには、深刻なオーディオを故障させる問題がある

Appleの最新のMacには、深刻なオーディオを故障させる問題がある

スピーカーが故障する問題

2月7日に、多くのAdobe Premiere CCユーザーが、有害なバグによってMacBook Proのスピーカーが故障したと報告されていることをお伝えしました

Appleには深刻で未解決のバグがあり、同社独自のソフトウェアとカスタムセキュリティチップのおかげで、最新のすべてのMacで外部インターフェイスとのオーディオパフォーマンスに問題が生じています

オンラインのバグレポートによると、影響を受けるコンピュータはApple独自のT2セキュリティチップを搭載したすべて最新のコンピュータです
2018Mac 00003 z

  • iMac Pro
  • 2018年に発売されたMac miniモデル
  • 2018年に発売されたMacBook Airモデル
  • 2018年に発売されたMacBook Proのモデル

問題は、Appleのソフトウェアのバグのおかげで、この新しいチップがプロオーディオ業界のいたるところから多種多様な外部オーディオハードウェアに不具合をもたらしたようです

新しいチップのタイミング同期方法に問題があると、オーディオストリームにドロップアウトや故障が発生します

「システム環境設定」の「日付と時刻を自動的に設定する」を無効にすると、問題は解決されませんが軽減されると、Ableton認定トレーナー、Abid Hussain氏はコメントしています

スポンサーリンク


すべてのT2ベースのMac、つまり2018年世代のすべてのMacモデルは、ベンダに関係なく、USB 2.0オーディオインタフェースでは明らかに使用できません

FireWire やThunderboltを使用したオーディオインターフェイスは、この特定のバグによって影響を受けないと伝えられているが、USB 2.0は現時点では、オーディオデバイスのための最も人気のあるバスなので、新しいマシンのほぼすべてのユーザが問題を遭遇します

Apple は、これらのマシンをサウンドを作業する人々の大半に使用できないようにするバグのあるファームウェアでコンピュータライン全体を出荷しており、これらの製品を出荷してから数か月の間に対策を見つけるのが遅れています

また、AppleがUSBオーディオインターフェースなどのテスト方法を採用していない可能性があると思われることも、懸念の原因となっています

今のところ、Appleが包括的でテスト済みの修正を出荷するまでの選択肢です

  • 古いマシンのMacユーザーはアップグレードを延期すべきである
  • これらのモデルにこだわっているユーザーは、Thunderbolt 3オーディオインターフェース、アダプター、またはハブを使用する

(Via cdm.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)