Adobe Premiere CCのバグでMacBook Proのスピーカーが故障が報告される

Adobe Premiere CCのバグでMacBook Proのスピーカーが故障が報告される

多くのAdobe Premiere CCユーザーが、有害なバグによってMacBook Proのスピーカーが故障したと報告しています

唯一の解決策はスピーカーを交換すること

この問題は、多くのオーディオ拡張ツールの1つを使用しているときに発生するようです

バグによってハードウェアが破壊されることはめったにありませんが、MacBook Proの所有者の中には、それがまさにAdobe Premiere CCで起こっていることで
Premiere CC 00002
AdobeのPremiere CCフォーラムでは、MacBook Proのスピーカーが奇妙なソフトウェアの不具合によって打撃を受けたと報告したユーザーからの苦情のリストが増えています

9to5Macによるとこの記事を投稿してからTwitterでいくつもの報告があるそうです

スポンサーリンク

AdobeとAppleのどちらの責任か?

MacBook Proの所有者の中には、Appleのハードウェアのせいにして「問題を回避する」ことについて同社を批判しました、しかし、問題を引き起こしているのはAdobeのソフトウェアだけのようです

あるアドビの担当者によると、これらのツールを使用するときはマイクをオフにするようにとの要望が出ています

これは、「Preferences」> 「Audio Hardware」> 「Default Input」> 「No Input」で行うことができます

これは、フィードバックループが原因でマイクがスピーカーの出力を拾い、それを増幅している可能性があることを示唆しています

(Via 9to5Mac.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)