【Mac / iOS】バッチ編集、新しい調整ツール、ダークモードをサポートした「RAW Power 2.0」がリリース

【Mac / iOS】バッチ編集、新しい調整ツール、ダークモードをサポートした「RAW Power 2.0」がリリース

1年前に、AppleのApertureとiPhotoチームの元開発者であったNik Bhatt氏が、iOSベースのRawフォトエディターであるRAW Powerをリリースしました

最初のリリースから1年後、「RAW Power 2.0」がリリースされ、調整ツール、バッチ編集などのアップデートが行われました

RAW Power for Mac 2.0

RAW Power for Mac 2.0は、スタンドアロンのアプリケーションとしても、Apple Photosの拡張としても動作します、このアップデート版では、色収差補正、パースペクティブ補正、白黒モード、ビネットツール、新しいエンハンスメントモジュールなどの新しい調整ツールを使用できます
RAW Power 2 0 00002 z
バッチ処理も追加されてこれで、ユーザーは一括でフィルタや調整を適用して、ある写真から別の写真に編集内容をコピーすることができます
新しいカスタム命名ツールが追加され、写真をエクスポートする際のより良い編成が可能になりました

Mac OS X用のRAW Powerには、いくつかのUI調整が加えられています、これにはフルファイルブラウザ、複数のウィンドウとタブのサポート、サムネイルグリッドビュー、クイックルックサポート、改良されたメタデータ情報、およびmaxO Mojaveのダークモードに沿った新しいダークルックが含まれています
RAW Power 2 0 00003 z

スポンサーリンク

RAW Power for iOS 2.0

RAW Power for iOS 2.0は、「シームレスなiOSとiCloudライブラリの統合によるRAW画像編集を組み合わせる最初のアプリ」となってて、このアップデートでは macOSと同様に、色収差補正、パースペクティブ補正、白黒モード、ビネットツール、新機能強化など、同じ新しい調整ツールを使用しています

Gentleman Coders氏によると、これらの調整はmacOSバージョンと100%互換性があり、有効にしておけばiCloud Photo Libraryで同期されます
RAW Power 2 0 00004 z
バッチ処理はiOS版にも存在しユーザーはプリセットの適用、調整の貼り付け、元の状態への復帰、一度に複数の画像のJPEGプレビューを生成できるようになりました

カスタマイズ可能な調整パネルやさまざまな形式の写真アプリと直接共有してエクスポートするための新しいオプションなど、UIが全面的に更新されました
RAW Power 2 0 00005 z

(Via DPReview.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)