iOS 15およびmacOS Monterey、WebブラウザでのFaceTimeの動作を初公開

iOS 15およびmacOS Monterey、WebブラウザでのFaceTimeの動作を初公開

FaceTimeは、iOS 15とmacOS Montereyに搭載された新機能のおかげで、今週大きな注目を集めました、友達との画面共有、ライブポートレートモード、より優れたノイズキャンセリング、さらにはWeb版も登場しました

9to5Macでは、Web上のFaceTimeを試し、Web上での動作を紹介しています

Appleはより多くの人に自社のサービスを利用してもらいたいと考えているようで、それにはWeb版のFaceTimeも含まれています

Web上のFaceTimeは、iCloudのWebアプリのように、誰でもサインアップして好きなように使えるというものではありません、Appleは、iOSとmacOSのユーザーが、Webブラウザで開くことができるパブリックリンクを通じて、他のユーザーを通話に招待できるようにしているだけです

つまり、FaceTimeの通話を開始するには、iPhone、iPad、またはMacが必要ですが、Android端末やWindows PCを持っている友人も通話に参加できるようになったのです

iOS 15またはmacOS MontereyのFaceTimeアプリを開くと、パブリックリンクを作成するための新しいオプションが表示され、このリンクは通話中にも表示されます
FaceTime Web 00002

スポンサーリンク


パブリックリンクを受け取った人は、名前を入力するだけで通話に参加できます、誰かに招待されてWeb上のFaceTimeを利用する場合、Apple IDを持っている必要はありません

インターフェイスはAppleデバイスのFaceTimeとほぼ同じですが、フィルターやその他の効果などの追加オプションはありません
FaceTime Web 00003
FaceTime Webでできることは、カメラのオン/オフ、マイクのミュート/アンミュート、入力デバイスの選択だけです、テストでは、画質は完璧ではありませんでしたが、Appleは、これがベータ版の機能であり、期待通りに動作しない可能性があることを明確にしています
FaceTime Web 00004
Appleのプラットフォームには、広告や有料会員登録はもちろん、データを収集するためのトラッカーも存在しません

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)