【Mac】Office 365 for Mac 2019では、macOS Sierra以上が必要

【Mac】Office 365 for Mac 2019では、macOS Sierra以上が必要

Microsoftは先月Macプレビュー用のOffice 2019を公開しました

現在、同社は、macOS Sierra以降を実行している限り、Office 365の新しいソフトウェアに付属するすべてのアップデートをサポートしているとブログで発表しています
Office 2019 002 z
Microsoftはブログで次のように述べています

Office 365 for Mac for Macの2018年9月のアップデート時点で、Mac用Officeクライアントアプリケーションの新しいバージョンにアップデートし、新しい機能アップデートを受け取るには、macOS 10.12以降が必要です。9月の更新前にmacOS 10.12以降にアップデートしないユーザーは、主流のサポートを引き続き受け、現在のバージョンのOffice 365 for Macを引き続き使用することができます


2018年9月のアップデートの一部として、macOS 10.12以降のMacユーザー向けのOffice 365は、新機能リリースや更新プログラムへのアクセスを維持するために、Office 2016 for MacクライアントからMac用Office 2019への更新を受け取ります。Mac OS X用の古いMacOSバージョンを使用しているOffice 365のお客様は、Office 365の新機能ではなく、主流のサポートを受けることになります

スポンサーリンク

Office 2019 for Macの新機能

Office 2019 003 z
ローミングペンシルケースとリボンのカスタマイズがすべてのOfficeアプリケーションでサポートされます

さらに、Wordにはフォーカスモードが、Excelには新しいチャートや機能が追加されています

PowerPointユーザーは、モーフィングのトランジションと4kビデオのエクスポート機能があります

(Source Microsoft , Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)