【Mac】Red Sweater、ブログエディタ「MarsEdit 4パブリックベータ版」を公開

【Mac】Red Sweater、ブログエディタ「MarsEdit 4パブリックベータ版」を公開

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

メジャーアップデート

Red Sweaterは、「MarsEdit 3」をリリース以来 7年ぶりとなるメジャーアップデートのブログエディタ「MarsEdit 4パブリックベータ版」を公開しています

「MarsEdit 3」の既存のライセンスを所有しているユーザーは、最終バージョンがリリースされるまで、MarsEdit 4ベータ版を無料で実行できます

Red Sweater Storeから新しい「MarsEdit 3」ライセンスを購入するお客様は、MarsEdit 4への無料アップグレードを受けることができます
残念ながら、Mac App Storeでは無料アップグレードや割引アップグレードはできません

ベータ版はMac OS X 10.10以降をサポートしていますが、最終的なシステム要件はまだ設定されていません


スポンサーリンク



ベータリリースの詳細

エディタの機能拡張

  • ビジュアルフォーマットバー – マウスで一般的なフォーマットオプションを選択
  • タイプライターのスクロール – 垂直方向の中央に入力を続けるメニューオプションを表示
  • Multimarkdownのサポート – Markdownコンテンツをプレビューする際の機能が強化。
  • より速いプレビューフィルタリング – コードベースのMarkdownおよびConvert Line Breaksフィルタ
  • インタラクティブな画像サイジング – リッチテキストモードでは、画像の表示サイズを直接操作できる
  • 改良された「スプリットポスト」UI – スプリッターがポストコンテンツにインラインで表示されるようになった

WordPress特有の機能拡張

  • より速いリフレッシュ時間
  • 注目の画像サポート
  • ポストフォーマットのサポート
  • Per Post投稿者編集サポート

システム統合の改善

ローカルに保存された下書きの標準自動保存とバージョン履歴をサポート

ポストダウンロードを拡大しました

WordPressとBlogspotのブログは、最近のサブセットの代わりに投稿の履歴全体をダウンロードするように設定できるようになった

自動プレビューテンプレート

テンプレートエディタから[テンプレートのダウンロード…]ボタンをクリックすると、ブログのテーマが自動的に検出

Safari App Extension

Safariで「MarsEditに送信」拡張機能を有効にして、表示中のページを引用して新しい草案を簡単に作成できる

アプリケーションサンドボックス

セキュリティが強化されるように、アプリはサンドボックス化



MarsEdit 4がついに登場です。今年後半にアップデートをリリースする予定です


(Via Red Sweater.)


私も日々「MarsEdit」でブログを作成しているので、アップデートが楽しみです












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)