Apple、拡張現実ディスプレイ、スマートグラスなどをカバーする「Mac Pro」の商標をアップデート

Apple、拡張現実ディスプレイ、スマートグラスなどをカバーする「Mac Pro」の商標をアップデート

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

現行の「Mac Pro」の商標

今月上旬には、AppleがMac Pro Circular Towerを2018年以降にまったく新しいモジュラーデスクトップ設計に捨てていたことに驚きました。 Phil Schiller氏によると、Appleは現在、「ハイエンド、ハイスループットのデスクトップシステム」に取り組んでいます

この新しいデザインは、アップル社が新たに提出した「Mac Pro」の商標のアップデート版です

「Mac Pro」が現行の「Mac Pro」の商標でカバーされていない新しいコンポーネント、システム、または機能をサポートまたは導入する場合、アップルは合法的に商標を更新する必要があります

記録のために、Appleの2006年のMac Proの登録商標78885695は、International Class 09の下でのみ以下をカバーしていました

コンピュータ、コンピュータハードウェア、コンピュータソフトウェア、コンピュータ周辺機器、ノートブックコンピュータ、ラップトップコンピュータ、タブレットコンピュータ、コンピュータサーバ、ハンドヘルドコンピュータ、モバイルコンピュータ、ハードドライブ、オーディオスピーカ、コンピュータスピーカ、パーソナルデジタルアシスタント、電子オーガナイザ、コンピュータの入力装置、コンピュータケーブル、モデム、プリンタ、前述のすべての商品のための部品および付属品を含むが、これらに限定されるものではない


スポンサーリンク



Mac Proの最新の商標登録申請書で何が変わったのか?

彼らの提出物の中には、本当の可能性として叫ぶのではなくても、明らかに目立つものがあります

Appleの「Augmented Reality」チームは、このようなデバイスの特許を取得しており、アップルの「Augmented Reality」チームがオールスターのエンジニアと共に成長し続けていることを知っているため、最も注目すべき点は「拡張現実ディスプレイ」です

またはMac Proで動くことができるスマートグラス

また、拡張現実ディスプレイを市場に出すためには、新しいMac Proの特徴であるパワーとグラフィックスのパワーを重視する必要があります
さらに、Appleの新しいGPUは、イマジネーションとの契約を更新していないため、社内で設計したものになる可能性があります

Phil Schiller氏は、4月4日にMac Proを改革する意向を明らかにし、4月11日には、Mac Proがイン・パーツでサポートするものについて、非常に興味深い手がかりとなる「Mac Pro」の商標申請を提出しています

画像元:Patently Apple
(Via Patently Apple.)


この、商標登録の変更は拡張現実に対するAppleの強い意欲の証拠ではないかと思います


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)