Geekbenchでの計測は、「iPhone 8」は競争相手を完全に打ち破る

Geekbenchでの計測は、「iPhone 8」は競争相手を完全に打ち破る

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

本物なのか?

私達が望むより遅くなるかもしれないが、「iPhone 8」はチップセットの生の性能に関しては獣のように形作られている

Geekbench 4.0を実行した「iPhone 8」によって得られた結果を描写するとする、スクリーンショットが中国で流出しました

GSMAは次のように報告しています

Geekbench iphone8 001

The iPhone 8 has absolutely destroyed the competition,

Its single-core score of 4,537 is 30% better than what the iPhone 7 was able to achieve. What about the Android competition, you ask? Well, the closest any of those has come is Samsung’s Galaxy S8 with 1,945 (that’s not a typo)

The iPhone 8’s multi-core score is 8,975, which is 58% better than its predecessor’s. The Android device that’s scored the best here so far is the Galaxy S8+ with 6,338. That means the next iPhone performs 41% better than its most important Android-based competitor


『iPhone 8は競争を完全に打ち破ってしまった

そのシングルコアスコアは4,537で、iPhone 7が達成したものよりも30%優れています
Androidの競争はどうですか?まあ、それらの中で最も近いものはサムスンのギャラクシーS8で1,945です(それは誤字ではありません)

iPhone 8のマルチコアスコアは8,975で、前世代のスコアより58%優れています。これまで最高のスコアを出したAndroidデバイスは、Galaxy S8 +(6,338)です。これは、次のiPhoneがAndroidベースの最も重要な競争相手より41%優れていることを意味します』



スポンサーリンク




ベンチマークは、必ずしも完全には実世界の経験を示すものではないことに注意してください

だからこそ、iPhone 8が日々の仕事でS8のデュオよりもはるかに優れているということを意味しないでください

そのようなスクリーンショットを偽造することは不可能ではないということです、実際には非常に簡単ですので当然と思わないでください

この画像を信じるならば、「iPhone 8」には2,800×1,242の画面解像度が与えられ、20.2:9または2.25:1という非常に奇妙なアスペクト比になり、それはSamsungがS8のために行った18.5:9よりもさらに高いです

問題のプロトタイプは、あなたが期待しているようにiOS 11を実行し、それ自体を「iPhone 10,6」と認識します

比較のため、iPhone 7は「iPhone 9,1」です。新しいモデルに電力を供給するA11チップセットは、2.74GHzのクアッドコアCPUと128KBのL1キャッシュを備えています

iPhone 7のA10 Fusionは2.34 GHzまでしか上がらないため、これらの性能の違いのいくつかは、クロック速度が17%向上したことから生じています

画像元:GSMarena
(Via GSMarena.)


iPhone 7 Plus対Samsung Galaxy S8、LG G6、Google Pixel、OnePlus 3Tでスピードテスト」をお伝えしましたが

これは、最新のAndroidの機種と半年前に発売されたiPhone 7のA10でが、それでもこの違いがあったので、A11ではそれ以上の差が出る可能性は疑う余地のないところではないでしょうか?

早さは最初は感動しますが直ぐに慣れてしまい、鈍くなってしまいます
ただ、一度早さに慣れるともう元には戻れないと言うこともあります

秋になるのか?年末になるのか?楽しみですね!


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)