Google、iPhoneなどでもユーザーの位置情報をトラッキングしていることを認める

Google、iPhoneなどでもユーザーの位置情報をトラッキングしていることを認める

Googleは、ロケーションサービスが無効になっているにもかかわらず、同社のウェブサイトやモバイルアプリが引き続きユーザーの位置情報を収集して保存するという中間報告を発表し、「新しい」データ収集ポリシーを反映した公式のヘルプセンター文書を更新しました

今回の変更は、今週カリフォルニア州の捜索巨人マウンテンビューが、AP通信の 報道に精通していることに気づき、プリンストン大学に所属する研究者の協力を得て、世界最大のニュース組織は、位置追跡を妨げることを意図した機能がデバイス上で有効になっていても、Googleがユーザーの位置情報を記録し続けることを発見しました

悲しいことに、同紙は、Googleの詐欺は、Google MapsやそのWebベースの検索エンジンなど、同社のモバイルアプリケーションのiOSとAndroidユーザーの両方に適用されると述べています

スポンサーリンク

プライバシーに関する問題

Googleのモバイルアプリ(特にGoogleマップ)は、ユーザーが実際に使用するための指示を提供するために位置情報アクセスが必要です
つまり、iOSとAndroidのユーザーは、自分の端末をGoogleとそのサーバーとが、このデータを共有できるようにするしかありません

Googleの「ロケーション履歴」機能は、以前はユーザーが場所データのロギングを一時停止できるようにすることでプライバシーの懸念に対処すると考えられていましたが、実際にはユーザーの所在地情報を収集します

データ収集を完全に防止する方法

ユーザーはGoogleのウェブサイトにアクセスして「ウェブとアプリのアクティビティ」を完全に無効にすることで、これらの位置追跡機能を無効にすることができます(ただし、Googleのサービスを使用する際に問題を引き起こす可能性があります)

  1. 「ウェブとアプリのアクティビティ」を無効にするには、ウェブブラウザからmyaccount.google.comにアクセスし、まだログインしていない場合は Googleアカウントにログインします
  2. 下にスクロールして「マイアクティビティ」セクションをクリックします
  3. 左のパネルから「アクティビティ管理」リンクをリックしますつぎに「ウェブとアプリのアクティビティ」の横にある青いスイッチを無効にします
  4. Google Tracking 002 z

  5. ポップアップボックスで「一時停止」をクリックしてアクションを確認します

(Via iDrop News.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)