macOS Mojaveをサポートした、仮想化アプリParallels Desktop 14がリリース

macOS Mojaveをサポートした、仮想化アプリParallels Desktop 14がリリース

仮想化アプリParallels Desktop 14がリリースされ、macOS Mojaveのサポートやストレージの節約など、50以上の新機能が追加されています

Parallels Desktop 14

Parallels Desktop 14 for Mac は、ディスク、メモリ、CPU の使用量を大幅に削減しながら実行できるようになりました
Parallels Desktop 14 002 z

  • 高速実行
  • Windows とアプリケーションの起動が最大 35% 高速化

  • ディスク領域を節約
  • ディスクモニタリングによって最大 20 GB を確保

  • 簡単にモニタリング
  • CPU と RAM の使用量を即座に表示してモニタリング

  • メモリを最適化
  • ビデオ メモリは自動調整により最高のパフォーマンスを得られます

  • 新しい OS に対応
  • ダークモードを含む macOS Mojave に対応

  • Touch Bar
  • Mac Touch Bar™ for Windows と AutoCAD、Revit、SketchUp、Visual Studio、OneNote、Visio などの Windows アプリケーションの追加サポート機能が利用

スポンサーリンク



Parallels Desktop 12および13の既存のユーザーはParallels Desktop 14に 5,300円でアップグレード出来ます
Parallels Desktop 14
また、サブスクリプションの場合は、無料のアップデートとなっています

新規の場合は、79.99ドルとなっています

詳細は、オフィシャルサイトで確認してください

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)