Apple、iPhone 13 Proの120Hz ProMotionディスプレイへのサードパーティのアクセスを制限

Apple、iPhone 13 Proの120Hz ProMotionディスプレイへのサードパーティのアクセスを制限

iOSアプリケーションの開発者は、iPhone 13 Proに搭載されている可変リフレッシュレートディスプレイ「ProMotion」を十分に活用することができず、ほとんどのアニメーションは通常の60Hzに制限されています

ProMotionは、iPhone 13 Proの最上位モデルに搭載されるハードウェア機能で、滑らかな120Hzからバッテリー効率の良い10Hzまで、またその間の複数のフレームレートを適応的に変化させることができます

画面は、表示されているコンテンツやユーザーの操作方法に応じて、最適なリフレッシュレートをインテリジェントに選択します

Apple社のウェブサイトに掲載されているマーケティング資料や、「California Streaming」イベントでのProMotionのデモンストレーションでは、すべてのアプリケーションがこの機能を利用できることを示唆していましたが、iOS 15ではそのようにはなっていないようです

スポンサーリンク


開発者たちは、スクロール操作やフルスクリーンへの移行時にアプリが120Hzになる一方で、アプリ内のグラフィックスは60Hzに制限されていることに気づいたと言います

iPhoneの旧モデルと現行のiPhone 13は60Hzのディスプレイを使用しています

RedditクライアントのApolloの開発者であるChristian Selig氏は一連のツイートの中で、自分のアプリのユーザーから、特定のアニメーションのリフレッシュレートが比較的遅いために違和感があるという苦情が寄せられていると指摘しています

さらにSelig氏は、AppleがiPhoneのバッテリー寿命を節約するためにサードパーティ製アプリに上限を設けたのではないかと推測しています、なぜなら、ProMotionを搭載したiPad Proモデルには同じ制限が適用されていないからです

興味深いことに、Apple自身のアプリケーションは同じ禁止事項の対象ではなく、iPhone 13 Proでは120Hzでフルに動作します

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)