スマートフォン出荷台数が11%減少する中、AppleのiPhoneが「高まる需要」でスマートフォン市場シェアを拡大

スマートフォン出荷台数が11%減少する中、AppleのiPhoneが「高まる需要」でスマートフォン市場シェアを拡大

調査会社Canalysによると、2022年第1四半期の世界のスマートフォン出荷台数は、芳しくない経済情勢と季節需要の低迷により11%減少しましたが、AppleはiPhone 13シリーズの需要拡大により第1四半期が堅調だったおかげで、際立った存在となりました

CanalysのアナリストであるSanyam Chaurasia氏は声明の中で、「世界市場に不透明感が広がっているにもかかわらず、大手ベンダーは2022年のデバイスポートフォリオを拡大することで成長を加速させました」と述べています

また、「iPhone 13シリーズが引き続き消費者の需要を取り込んでいる一方で、3月に発売された新しいiPhone SEは、Appleにとって重要なミッドレンジのボリュームドライバーになりつつあります。
前モデルと同様の価格帯で、アップグレードされたチップセットと改善されたバッテリー性能を提供し、オペレーターチャネルが要求する5G接続を追加しています」とも述べています

スポンサーリンク


Canalys

「世界のスマートフォン市場は、第1四半期に不安定なビジネス環境によって抑制されました。良いニュースは、痛みを伴う部品不足が予想より早く改善されるかもしれないということであり、これは確実にコスト圧力を緩和するのに役立ちます」とCanalysのVP Mobility Nicole Peng氏は述べています

Appleの優れたiPhone 13ラインナップは、デビューから約7か月後も魅力を維持し続けています

(Via Canalys.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)