2022年第1四半期に前年同期比で出荷台数を伸ばした唯一のスマートフォンベンダーはApple

2022年第1四半期に前年同期比で出荷台数を伸ばした唯一のスマートフォンベンダーはApple

Appleは第1四半期に出荷台数が前年同期比で増加した唯一のスマートフォンメーカーである一方、Samsung、Oppo、Xiaomiなどのスマートフォンメーカーは出荷台数が大きく減少しました

昨日Appleは、3月四半期として予想を上回る970億ドル以上の売上と記録的な収益を発表した。この結果を受けて、Strategy Analytics、Canalys、IDCはそれぞれ前四半期のスマートフォン出荷台数に関するレポートを公開しました

正確な数字や予測はまちまちですが、3つのレポートすべてにおいて、前四半期に成長を経験したメーカーはAppleだけでした

2022 04 29 21 16 40
Canalysの情報によると、Appleは昨年同期比8%の成長を見せ、マーケットシェアの18%を占めました

スポンサーリンク


Appleは全体の市場シェアではSamsungに及びませんが、Samsungは第4四半期に4%のシェアを落としています

Strategy Analyticsのレポートによると、OppoやVivoといった他のAndroidスマートフォンメーカーの市場シェアはそれぞれ29%と30%減少しています

前四半期のAppleによると、iPhoneは前年比5%増で、継続的な供給制約にもかかわらず506億ドルを計上しました

Appleの最高経営責任者であるTim Cook氏は、「iPhone 13」シリーズの需要は依然として高く、今後も需要が続くと予想していると述べました、Appleは、COVID-19による中国本土での新たな規制や封鎖によって引き起こされた、サプライチェーンの問題に対処してきました、Appleはサプライチェーンの問題が第2四半期も続くとみています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)