iPhoneの平均販売価格は14%上昇、iPhone 13は記録的な収益を上げる

iPhoneの平均販売価格は14%上昇、iPhone 13は記録的な収益を上げる

AppleのiPhone 13のラインアップが、2021年の世界のスマートフォン収益を4,480億ドルの最高値に導いたとCounterpointが報じています

2021年第4四半期のスマートフォン収益は、部品不足による困難にもかかわらず、前年同期比7%増、前四半期比12%増となりました

AppleのiPhoneの収益は、2021年には前年比35%増の1,960億ドルに達し、四半期ベースで過去最高の収益を上げたとみられています、これにより、同年の世界のスマートフォン総売上高の44%を獲得することができました

iPhone 13のラインアップの成功により、2021年第4四半期のスマートフォンの平均販売価格は前年同期比で12パーセント上昇しました

これは、5G対応デバイスの普及も寄与しており、2020年には世界のスマートフォン出荷台数のわずか18パーセントだったのに対し、2021年には40パーセント以上を占めるに至っています
Counterpoint

スポンサーリンク


また、iPhoneの平均販売価格は、iPhone 12とiPhone 13のラインアップの需要により14%上昇し、825ドルに達しました

Appleは、インド、タイ、ベトナム、ブラジルなどの主要な新興市場でも利益を上げ、マーケットシェアを拡大しました

スマートフォン上位5ブランドは、スマートフォン総売上高の85%以上を占めています

Samsungのスマートフォンの売上高は前年同期比で11%増加し、XiaomiとOppoはそれぞれ49%と47%増加しました、急速な拡大の中、XiaomiとOppoは最近、プレミアムスマートフォンの分野で世界規模でAppleに直接挑戦する計画を打ち出しました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)