iPhone 13 Proのマクロモードでは不具合が発生

iPhone 13 Proのマクロモードでは不具合が発生

iPhone 13 ProおよびPro Maxには、これまでのiPhoneにはなかったマクロ機能が搭載されています

しかし、iPhoneが勝手にマクロの内容を決めてしまうことに、誰もが満足しているわけではありません

マクロ撮影のために超広角レンズに自動的に切り替わることは、第一報を信じることができるならば、多くのユーザーを苛立たせています

IPhone 13 Pro macro 002

Appleは、マクロモードに自動的に切り替わらないようにするスイッチを搭載しませんでした

スポンサーリンク


カメラから14cm以上離れた場所に被写体があると、自動的にマクロモードに切り替わり、広角レンズから超広角レンズに切り替わります

被写体が常にこのエリアにいて、再び外に出てしまうと、ファインダー像が事実上震えてしまうことを、オンラインマガジン「Input」が動画でよく示しています

Appleはすでにこの批判に対応しており、ソフトウェアのアップデートで改善したいと考えています

これにより、マクロ撮影や動画のためのクローズアップ撮影時に、カメラの自動切り替えをオフにすることができるようになるはずです

(Via Mac Life.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)