iOS 15、正式リリースから2日間で報告されている問題とバグ

iOS 15、正式リリースから2日間で報告されている問題とバグ

iOS 15のベータ版は驚くほどうまくいきました

どうやらAppleはiOS 13での失敗から学び、エキサイティングではなく堅実なバグのないバージョンを展開することを選択したようです

しかしながら、あちこちで、いつもと違う外観やその他の機能に不満を持つユーザーの声が大きくなっています

アップデートでバッテリを消耗

iOSのメジャーアップデートのたびにバッテリ持続時間がわずかに短くなるのは、バグではなく、いわば仕様です

新しい動作バージョンへの更新後、多くのプロセスがバックグラウンドで実行され、システムはデータを再インデックスします、これはすべてバッテリを消耗します、数日後には、iPhoneの充電動作は通常のレベルに戻るはずです、ヒントは夜に充電ケーブルにデバイスを繋いでおくことです

大容量のiCloudメディアライブラリの同期などのプロセスは、デバイスが充電中の午前2時間や午前3時などの不規則な時間に終了します、そのため、電力を大量に消費するアップデートプロセスがすべて実行される時間帯、つまり夜間に多少の制御が可能です

グローバルミュート

Reddit米国のディスカッションフォーラムでは、iPhoneのミュート機能を使うと、アプリ内の音声も無音で再生されてしまうというユーザーの報告があります

スポンサーリンク

メモリ不足

一部のユーザーでは、メモリが不足しているとシステムから報告されますが、5GB以上はまだ空き容量があります

これはiDownloadblogによって報告されていますが、米国のディスカッションフォーラムでも多くの苦情があります

大容量のファイルを削除しても、明らかに何の効果もなく、エラーメッセージや警告が出続けます、ここでは、開発者が次のアップデートでバグを修正するまで待つだけです

おやすみモードの混乱

Appleは、新しい「フォーカス」機能の下に「おやすみモード」を配置し、コントロールはより細かくなっています、同時に、iPhoneがロックされたときに通知をミュートして非表示にし、ユーザーがデバイスをアクティブに使用しているときには画面に表示する便利なオプションがなくなってしまいました

通知がオフになったり、配信されない

OutlookやSlackなどの特定のアプリケーションからの通知が配信されなくなったと訴えるユーザーがいます

アプリを削除して再インストールすることで解決する場合もありますが、そうでない場合は開発元(この場合はMicrosoft)からのアップデートを待つ必要があります

アプリライブラリの配置変更

アプリライブラリはiOS 14から搭載されたもので、無数の画面からアプリを探さなくても、かなり素早くアプリを入手できる方法です

どうやら、iOS 14.7の時とは異なるフォルダにアプリが振り分けられるようになったようです。特に「最近追加されたもの」フォルダでは、長い間使っていない、あるいはiPhoneから移行したアプリが入っています

スポンサーリンク

追記

SiriによるAirPods Proの操作ができなくなる

iOS 15のバグにより、一部のAirPods Pro所有者はSiriを使ってアクティブノイズキャンセレーションと外部音取り込みモードの機能を制御できなくなっていますが、iOS 15.1ベータ版では修正されたようです

iOS 15.1がいつ公開されるかについてはまだ発表されていませんが、まだベータ版の最初のベータ版をリリースしただけなので、数週間後になると思われます

詳細はこちらで確認してください

Appleマップがクラッシュ

iOS 15をインストールした後、多くのiPhoneユーザーの最初の起動時にApple Mapsがクラッシュし続けます。再起動すると、問題が修正されます

Safariがクラッシュ

Safariには奇妙なレンダリングの問題があり、一部のユーザーにとってはときどきクラッシュし続けます

LookAroundの画質が悪い

iOS15のLookAroundの画質は、iOS 14ほど良くありません。Appleはこの問題を確認しており、将来のアップデートで修正する予定です
(Via  Macwelt.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)