iPhone 13 ProのA15 Bionicチップは、通常のiPhone 13よりも強力なGPUを搭載

iPhone 13 ProのA15 Bionicチップは、通常のiPhone 13よりも強力なGPUを搭載

Appleは今日、iPhone 13とiPhone 13 Proを発表し、同社はこれらのデバイスを同じプロセッサーを搭載しているとして売り込んでいますが、性能の点で若干の違いがああります

実際、iPhone 13 Proモデルに搭載されているA15チップのGPUは、通常のiPhone 13」モデルよりも高性能です
A15 Bionic
A15 Bionicチップは、iPhone 13 miniからiPhone 13 Pro Maxまで、iPhoneシリーズ全体に搭載されています

Appleによると、新しいCPUは2つの高性能コアと4つのコアを搭載し、エネルギー効率を高めていると言います、どちらのモデルもほぼ同じですが、グラフィックス性能は通常モデルとProモデルで異なります

iPhone 13 miniとiPhone 13に搭載されているA15 BionicチップのGPUは4つのコアを備えており、Appleによると「競合製品」と比較して30%優れたグラフィックス性能を提供します

スポンサーリンク


iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxに搭載されているA15 Bionicチップについては、GPUには合計5つのコアに対応する追加コアが搭載されており、競合製品と比べてパフォーマンスが最大50%向上しています

Jeff Benjamim氏が指摘しているように、Proモデル向けのより強力なGPUは、ProResコーデックのサポートの追加に関連している可能性がああります

Appleはイベントで、A15 BionicにはProResでビデオの撮影と編集ができる新しいビデオエンコーダとデコーダが含まれていると述べました、これらは内部ストレージスペースを大量に消費するだけでなく GPUにも多くのものを要求します

iPhone 13 Proに搭載されているA15 Bionicチップについて、Appleは「5nm技術を採用した、スマートフォンで最速のチップであるA15 Bionicは、Proラインアップの新しい5コアGPUを搭載しており、あらゆるスマートフォンで最速のグラフィックス性能をもたらし、主要な競合製品よりも最大50%高速で、ビデオアプリ、高性能ゲーム、そして一連の新しいカメラ機能に最適です」述べています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)