iPhone 12 ProのLiDARセンサーとは何なのか?そして何のために?

iPhone 12 ProのLiDARセンサーとは何なのか?そして何のために?

2015年頃から、Appleが開発中で2020年に発売されるとされる自動運転車についての憶測が飛び交っていました、現在2020年ですが、いろいろな意味で予想とは違っており、iCarについてはここ数年誰も言及していません、その代わりにAppleは自動運転車の技術開発に注力しています

そして2020年、Project TitanからApple製品になる技術が発表されました、しかし、これには4つの車輪が付いているのではなく、背面に2つのカメラと、電磁波の反射を利用して前方の空間を測定およびマッピングする「LiDAR」というシステムが搭載されています

LiDARとは「Light Detection and Ranging」の頭文字をとったもので、「光検出と室内測定」のような意味です、レーダーとは異なり、レーザー光を使用するので、ラダー(Ladar)とも呼ばれ、「レーザー検出と測距」とも呼ばれている技術です

レーダーの電波よりもLiDARの方がはるかに正確に物体の距離や速度を測定できるため、現在では速度制御にもLiDARが使われるようになっています、LiDARは物体から散乱して戻ってきた光を放出し、システムで検出します、光の周波数は物体と検出器が互いに相対的に静止していないときにも変化します

LiDARはもともと大気を測定するために考えられました、後方散乱光の通過時間に基づいて空気中のエアロゾルと塵の粒子についての結論を引き出すことができます

LiDARはまた、正確にどのようなオブジェクトを測定する必要がある自律走行車のための選択の技術であり、相対的な速度で前の車両からの距離は、道路の内外にあります

スポンサーリンク


iPad Pro、特にiPhone 12 Proでは、もちろんLiDARに他のタスクが割り当てられています

フロントガラスに取り付けられたiPhone 12 Proが古い車を自動運転車に変えるというアイデは、すぐに別れを告げることができます

Appleの製品説明によると、LiDARは屋内外で5メートルの範囲内で測定され、iOS 14は、プロセッサA14が取得したデータから環境の正確な空間イメージを計算できるように、必要なフレームワークを持っています

IPhone 12 Pro 00003 z

これはアプリケーションにとって多くの利点があり、写真を考えただけで、背景と前景を分離することの難しさを考えるだけで、多くの利点があります、前世代のiPhoneのカメラのデュアルとトリプルシステムは、CPUと相性が良いですが、LiDARの方がさらに良いです

しかし何よりも、iPhone 12 ProのAR機能を新たなレベルに引き上げることができ、仮想オブジェクトをより正確に実環境に組み込むことができ、その逆も可能になります

新しいシーンジオメトリAPIを備えたARKitからの最新アップデートのおかげで、開発者は新しいLiDARスキャナのパワーを利用して、これまで不可能だったアプリケーションシナリオを夜間モードで可能にすることができます

バーチャルテープメジャーは、レンズの前にある物体をより正確に測定することができるようになりました、垂直方向とエッジ方向の補助も役立ち、人のサイズをより正確に決定できます

LiDARは近赤外域で動作し、放射線のパワーは非常に低いので、LiDARは人の目を心配する必要はありません

(Via Macwelt.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)