iPhone 12 Pro/Pro MaxのカメラはiPhone 12とどのように違うのか、知っておくこと

iPhone 12 Pro/Pro MaxのカメラはiPhone 12とどのように違うのか、知っておくこと

iPhone 12とiPhone 12 miniは素晴らしいスマートフォンですが、最も印象的なモデルはiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxで「Pro」モデルは、特に写真愛好家や拡張現実マニア向けに、より高度な機能を提供しています

ディスプレイ

iPhone 12 ProとPro Maxはそれぞれ6.1インチと6.7インチで、iPhone 11 Proと11 Pro Maxはそれぞれ5.8インチと6.5インチですが、これらのモデルはすべてセラミック・シールド・ガラスの下に全画面OLEDディスプレイであるSuper Retina XDRディスプレイを搭載しています

  • 画面サイズ : 6.1インチ(12 Pro) / 6.7インチ(12 Pro Max)
  • 画面解像度 : 2532×1170px (12 Pro) / 2778×1284 px (12 Pro Max)
  • ピクセル密度 : 460ppi (12 Pro) / 458ppi (12 Pro Max)
  • スクリーンタイプ : OLED、Super Retina XDR
  • HDR : Dolby VisionとHDR10
  • ノッチ : はい
  • 画面とボディの比率 : 現在不明
  • アスペクト比 : 19.5:9
  • 最小輝度 : 不明
  • 最大輝度 : 800ニット (標準) および1,200ニット (HDR)
  • 周囲光 : True Tone
  • リフレッシュレート : 60Hz
  • 色温度 : 不明
  • 色空間 : ワイドカラー (P3)
  • 3D Touch : なし

スポンサーリンク

リアカメラ

リアプロカメラシステムは、実はアップグレードだけでも価値があります

超広角、広角、望遠の3つのレンズを搭載していますが、新しいLiDARセンサーも搭載されています

広角

広角レンズは従来の ƒ/1.8から ƒ/1.6になり、iPhone史上最速となりました

広角レンズも7枚構成になったことで、写真や動画の低照度性能が27%向上しまし、センサーも1.7μmの画素数で47%大きくなり、低照度撮影も87%向上しています

超広角

超広角5枚構成のレンズは従来通り、絞り値はf/2.4、画角は120°となっていますので、狭い場所での撮影はもちろん、壮大な風景などの撮影にも向いています

望遠

望遠6枚レンズに関しては、iPhone 12 Proと12 Pro Maxで大きく異なります

iPhone 12 Proは、これまでと同じƒ/2.0の絞りと、焦点距離も52mmと、ポートレート撮影がしやすくなっています、つまり、ズームイン2.0倍、ズームアウト2.0倍、合計4.0倍のズーム範囲で写真やビデオ撮影ができ、今までと同じです、そして、デジタルズームは写真で10.0倍です

しかし、iPhone 12 Pro Maxは今回f/2.2であり、焦点距離は65mmに増加しました、つまり、写真とビデオを合わせた5.0倍のズーム範囲で、2.5倍のズームインと2.0倍のズームアウトが可能です

そのため、最大の2020年モデルのiPhoneでは、より接近した写真やより密集した作物を撮影することができます、デジタルズームは写真で12.0倍です

両モデルとも、A14 Bionicチップに搭載された画像信号プロセッサが改良されており、画質が向上し、従来のカメラでは不可能だった強力な計算写真撮影が可能になりました

また、どちらのモデルにも、没入型の拡張現実体験のための最先端のLiDARスキャナーが搭載されています

LiDARセンサーは、光の距離を測定し、任意のシーンのピクセル深度情報を使用することができるため、低照度下でのオートフォーカスも高速化(6倍速)されています、これにより、より正確でスピーディーな撮影が可能になります、また、ナイトモードでのポートレート撮影にも対応し、より良いボケ味を実現しています

IPhone 12 Camera 00002 z

ナイトモードといえば、ワイドレンズだけでなく、超広角レンズでも使用できるようになりました、つまり、より多くのシナリオでより明るい写真が撮れるということです

また、Deep Fusionはこれまで以上に優れており、広角レンズや望遠レンズだけでなく、3つのリアレンズすべてに対応しています、また、新しいスマートHDR 3は、さまざまな環境を検出できるので、複雑なシーンでも、より忠実な画像で写真を向上させます

将来のiOS 14アップデートで登場する新しいApple ProRAWフォーマットがあります、RAWは写真の編集力を高めてくれましたが、Apple ProRAWはスマートフォンのカメラとしては次のステップです

Apple ProRAWフォーマットは、Appleのマルチフレーム画像処理と計算された写真撮影をRAWフォーマットの多様性と組み合わせたもので、ユーザーは、iPhoneや他のプロ用の写真編集アプリを使って、色、ディテール、ダイナミックレンジのクリエイティブにコントロールすることができます

  • 解像度:3つのレンズすべてで12MP
  • 絞り:ƒ/ 1.6ワイド、ƒ/ 2.4ウルトラワイド、ƒ/ 2.0望遠(12 Pro)/ƒ/ 2.2望遠(12 Pro Max)
  • 光学ズーム:4倍光学(12 Pro)/ 5倍光学(12 Pro Max)
  • デジタルズーム:10倍(12 Pro)/ 12倍(12 Pro Max)
  • フラッシュ:スローシンクロのQuad-LED True Toneフラッシュ
  • 手ぶれ補正:ワイドおよび望遠での自動光学手ぶれ補正、 12 ProMaxの広角レンズでのセンサー シフト光学式手ぶれ補正
  • Time of Flightレンズ:いいえ
  • RAWサポート:はい、RAWおよびApple ProRAW
  • レンズカバー:サファイアクリスタル
  • オブジェクト検出:体、顔
  • フォーマット:HEIF、JPEG、RAW、Apple ProRAW
  • HDR:スマートHDR3
  • ポートレート照明:はい、6つの効果
  • ナイトモード:はい、超広角、広角、ポートレート用
  • パノラマ:はい、最大63MP
  • その他:バーストモード、ジオタグ、赤目補正、レンズ補正(超広角)、写真およびライブ写真用のワイドカラーキャプチャ、Deep Fusion、100%フォーカスピクセル(広角)

スポンサーリンク


ビデオに関しては、iPhone 12 ProとiPhone 12 Maxはさらに印象的です

IPhone 12 Camera 00004 z

写真と同じように、低照度でのパフォーマンスが向上し、光学ズーム機能も同じ機能があります、デジタルズームの場合、iPhone 12 Proは6.0倍、iPhone 12 Pro Maxは7.0倍になり、全体的にビデオの安定化が改善されました

Lidarセンサーを使うとオートフォーカスも速くなり、Nightモードのタイムラプス動画も撮影できます、後者はより長い露光時間、シャープなビデオ、より良い光の軌跡、三脚を使用して暗い条件でのスムーズな露出を与えるのに役立ちます

iPhone 12 ProとiPhone 12 Maxはまた、Dolby VisionによるHDRビデオを導入しています

これらのカメラは、最大60フレーム/秒のDolby VisionによるHDRビデオのエンドツーエンド体験を提供する初めてのカメラです、そして何よりも優れているのは、Appleによると、「Dolby Visionのグレーディングは、写真アプリケーションでもiMovieでも、編集中にライブで処理され、持続的に行われ、今年後半にはFinal Cut Pro Xにも搭載される予定です」

  • 解像度:ドルビービジョンを使用した720p、1080p、4K、HDR
  • 最大フレームレート:720で30fps; ドルビービジョンを使用した1080p、4K、HDRの場合は60fps
  • スローモーション:240fpsで最大1080p
  • タイムラプス:はい、安定化とナイトモード付き
  • 写真:4K録画中の8MP静止画
  • 光学ズーム:4倍光学(12 Pro)/ 5倍光学(12 Pro Max)
  • デジタルズーム:6倍(iPhone 12 Pro)/ 7倍(iPhone 12 Pro Max)
  • フラッシュ:Quad-LED True Toneフラッシュ
  • 手ぶれ補正:シネマティックビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、および720p)
  • レンズカバー:サファイアクリスタル
  • オブジェクト検出:体、顔
  • オーディオ:オーディオズーム付きステレオサウンド
  • フォーマット:H.264、H.65(HEVC)
  • その他:再生ズーム、連続オートフォーカス、最大60 fpsの拡張ダイナミックレンジ、QuickTakeビデオ

フロントカメラ

フロントのTrueDepthカメラの興味深い新機能は、Nightモードをサポートすることです

また、Dolby Visionを使用したHDRビデオ録画が最大30フレーム/秒で可能です、ナイトモードはタイムラプス動画にも対応していて、リアカメラの機能の多くはフロントカメラシステムにも移行します

  • 解像度(写真):12MP
  • 解像度(ビデオ):1080pおよび4K
  • 最大フレームレート:1080pおよび4Kで60fps
  • スローモーション:はい、120fpsで1080p
  • ドルビービジョンレコーディングを使用したHDR:はい、最大30fps
  • 絞り:ƒ/2.2
  • ズーム:不明
  • フラッシュ:画面ベース(Retinaフラッシュ)
  • 画像安定化:ソフトウェアベースの自動安定化、シネマティックビデオ安定化(4K、1080p、および720p)
  • RAWサポート:不明
  • オブジェクト検出:体、顔、ウインク、舌
  • ナイトモード:はい、タイムラプスを含む
  • ポートレートモード:はい、高度なボケと深度制御を備えています
  • ポートレート照明:はい、6つの効果があります
  • タイムラプス:はい、安定化とナイトモードのサポート付き
  • その他:アニ文字とミー文字、バーストモード、Deep Fusion、シーン検出機能付きスマートHDR3、QuickTakeビデオ、レンズ補正、写真とLive Photosのワイドカラーキャプチャ、最大30fpsのビデオの拡張ダイナミックレンジ

(Via Gadget Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)