iPad mini 6の不均一な「ゼリースクロール」の問題に対するAppleの回答

iPad mini 6の不均一な「ゼリースクロール」の問題に対するAppleの回答

不均一な「ゼリースクロール」の問題

arstechnicaによると、発売されたばかりのiPad mini 6でタブレットをポートレートモードで使用した際の微妙なスクロールの問題について、ユーザーから苦情が寄せられるようになりました

iPad mini 6は、画面の左半分と右半分がわずかに異なる速度で更新されるため、微妙ではあるが「ゼリースクロール」効果が生じているように見えます

The VergeのDieter Bohn氏は、この問題を示すスローモーションビデオを撮影しました

この問題は微妙なので、レビューのためにminiをテストしたときには気がつきませんでしたが、レビュー機では実際に同じ問題が発生しているようです

この問題は、Webページや文書を比較的ゆっくりと上下にスクロールさせたときに最も顕著に現れます。画面の左側が右側よりもわずかに遅れて表示されるため、注意深い目で見ると、テキストの段落がゴムのようにぐらついて見えます

スポンサーリンク


arstechnicaのテストでは、この問題は、画面の左半分と右半分が画面の上半分と下半分になる横向きモードの画面に影響を与えるようです

しかし、ほとんどのアプリケーションでは、水平方向のスクロールは、垂直方向のスクロールに比べてはるかに少ないため、この影響は目立ちません、ユーザーの中には、ランドスケープモードではこの問題にまったく気づかないという報告もあります

Appleからの回答

第6世代iPad miniの「ジェリースクロール」問題は、液晶画面の正常な動作であるとのことです、液晶画面は1行ごとに更新されるため、画面上部の行と下部の行が更新されるまでにわずかな遅れが生じます。そのため、iPadのようなスクロールムラが発生することがあります

arstechnicaは、iPad Air 4や最新のiPadなど、これまでにテストした他の60Hz液晶iPadでは目立たなかったこの効果が、iPad mini 6では顕著に現れていると考えています

また、ポートレートモードでは、画面の中央にはっきりとした境界線が現れます

Appleはハードウェアやソフトウェアに「修正」すべき問題があるとは考えておらず、画面は明らかに現状のままであると述べています

(Via arstechnica.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)