Apple、iPadでタブレット端末用プロセッサ市場を席巻

Apple、iPadでタブレット端末用プロセッサ市場を席巻

調査会社Strategy Analytics社の新しい推計によると、タブレット市場におけるAppleの圧倒的な地位は、同分野のアプリケーションプロセッサ市場においても圧倒的なリードを示しています

Strategy Analyticsが公開したレポートによると、Appleは2021年第二四半期のタブレットアプリケーションプロセッサ市場で58%の売上のシェアを獲得し、首位に立っています

僅差で2位に続いたのはIntelで、Windowsベースのタブレットへの旺盛な需要を背景に22%増の14%のシェアを獲得しました。3位はQualcommで10%、4位はMediaTek、5位はSamsung LSIとなっています

Appleは、iPhoneとiPad用のAシリーズプロセッサを独自に設計しており、そのシリコンの派生版が現在、Macを動かすMシリーズチップに採用されています

Appleは、台湾のTaiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd.に生産を委託しており、現在、ARMベースのシリコンを他のデバイスメーカーに供給していません

スポンサーリンク


今回の調査結果は、IDCが8月に発表したタブレット市場シェアの統計と一致しています

Appleは2021年第2四半期に1,290万台のiPadを出荷し、市場の31.9%を占めたと推定されている。2位のSamsungは800万台で市場シェア19.6%、3位のLenovoは470万台で市場シェア11.6%でした

Strategy Analyticsは、AppleのタブレットAP市場におけるシェアを算出していませんが、販売されているiPadモデルの大部分は、iPad ProやiPad Airといったプレミアムデバイスです

Appleは最近、第9世代となった10.2インチのiPadが同社で最も人気のあるタブレットだと述べています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)