mini-LEDディスプレイ搭載の5G iPad Proは2021年に遅延と報告される

mini-LEDディスプレイ搭載の5G iPad Proは2021年に遅延と報告される

2021年春に延期

台湾のEconomic Daily Newsによると、Appleは12.9インチの5G iPad Proの発売を今年後半から2021年春に延期することを決定したと伝えられています

2020年後半の「iPad Pro」は、5Gセルラーネットワークをサポートする初のApple製タブレットであるだけでなく、mini-LEDディスプレイ技術や、次世代の 「iPhone」モデルのパフォーマンスに匹敵する「A14」プロセッサを搭載すると予想されています

3月に発表されたモデルには、新しいデュアルレンズカメラシステム、LiDARスキャナ、スタジオ品質のマイク、より高速なA12Z Bionicチップなど、注目すべきアップグレードがいくつか含まれていたが、新世代の導入というよりはリフレッシュでした、その新世代が2020年に登場することはなさそうです

スポンサーリンク


iPad Proの次期モデルのサイズを見ると、デザインは似たようなものになると思われますが、技術的な改善点は注目に値します

5Gはまだ世界市場に完全に浸透していませんが、早い段階での成果は印象的です、通信事業者は1Gbpsを優に超える最大ダウンロード速度を実現しており、ユーザーは自宅のインターネットよりも携帯電話接続を利用した方が、iPad上でより高速にファイルをダウンロードできる可能性があります

mini-LEDについては、先進のディスプレイ技術で、液晶ディスプレイに比べてコントラスト、応答時間、エネルギー効率が優れていると言われています

mini-LEDディスプレイを搭載した複数のApple製品が開発中であると報じられていますが、現在進行中のパンデミックは今後の複数の製品発売に影響を与える可能性があります。

5G iPadが2020年に日の目を見ることはないかもしれませんが、Appleは今年も5Gに多額の投資を行うと予想されています

噂では、Appleは2020年に5Gをサポートした4つのiPhoneモデルをリリースすることを示唆しており、最近の報道では、これらの新しいiPhoneモデルはこれまでに見られたものよりも小さなノッチを持つと言われています

(Via BGR.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)