World Password Day 、漏洩したパスワードをiPhoneやMacで検出する方法

World Password Day 、漏洩したパスワードをiPhoneやMacで検出する方法

World Password Day

毎年5月の第1木曜日は、「World Password Day」です

World Password Dayはより良いパスワード習慣を促進します、パスワードはデジタルアイデンティティの重要な門番であり、オンラインショッピング、ネットバンキング、ソーシャルメディア、プライベートワーク、ライフコミュニケーションにアクセスできます

サイバー世界では、安全なパスワードが重要

情報をオフラインにしておく以外にも、長く固有で複雑なパスワードを使用すると、貴重な情報を最も効果的に保護できます

また、数か月ごと、またはアカウントが侵害されたと思われるときにパスワードを変更する方法もあります
World Password Day 00005

World Password Dayに確認しておきたいこと

  • 古いパスワードを長くて強力なものに変更する
  • 重要なアカウントには二要素認証を導入する
  • 無線LANルーターをパスワードで保護する
  • コンピュータや携帯電話にパスワードを見える形で保存しない
  • プログラムの使用が終わったらログオフする
  • インターネット一時ファイルを定期的に削除する

スポンサーリンク


使用するさまざまなパスワードをチェックして、変更する必要があるかどうか、複数のサイトで使用していないか、侵害されていないかを確認するのに最適な日です

iPhoneは、侵害されたパスワードを検出できます

しばらくの間iPhoneを使用しており、FacebookなどのSNSやAmazonなどのオンラインショッピングサイト、クレジットカードのアプリ、iCloudアカウントなどのパスワードを、キーチェーン機能を介してすべてのパスワードを保存しています

これにより、アプリへのサインインが簡単になるだけでなく、あなたのパスワードやアカウントがハッキングや乗っ取りの危険にさらされているかどうかをiPhoneが判断するのに役立ちます

パスワードを確認するには

iPhoneおよびiPadの場合

  1. iPhoneおよびiPadの「設定」アプリを開き、下にスクロールして「パスワード」を選択します
  2. その中の「セキュリティに関する勧告」を選択します
  3. World Password Day 00002

  4. 脆弱なパスワードを持つアカウントがある場合、問題を説明するメッセージが表示されます
  5. そのアカウントをタップします
  6. 「パスワードの変更」をタップして、Webサイトまたはアプリでパスワードを変更します

Macの場合

  1. Safariを起動します
  2. メニューの「Safari」>「環境設定」を選択します
  3. 「パスワード」タブを選択します
  4. ログインパスワードを入力しロックを解除します
  5. Webサイトでの使用パスワード横に「セキュリティに関する勧告」のアイコンが表示されます
  6. World Password Day 00003

  7. アイコンをクリックします
  8. Webサイトに移動してパスワードを変更します










LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)