米国のiOSユーザーのうち、広告追跡にオプトインしているのはわずか4%

米国のiOSユーザーのうち、広告追跡にオプトインしているのはわずか4%

Appleが提供している「App Tracking Transparency」ツールの分析結果によると、4月に開始されたこの広告トラッキング機能について、米国では96%のユーザーがオプトアウトしていることがわかりました

先月末のiOS 14.5のリリース以降、日々のオプトインおよびオプトアウト率を追跡しているFlurry Analytics社によると、米国のデイリーユーザーの約4%が、アプリに広告主の識別子タグへのアクセスを許可しているとのことです、この数字は、250万人のデイリーモバイルアクティブユーザーを対象にしたものです

他の国では、530万人のデイリーユーザーのうち約11%が広告トラッキングを許可していることになります

デイリーレートは、オプトインしたデバイスの数を、ATTを使用してオプトインとアウトの両方を行ったデバイスの総数で割って算出しています

このオプションをオフにすると、IDFAのデータへのアクセスが自動的に制限され、アプリケーションがトラッキングの許可を求めることができなくなります

スポンサーリンク


ATTは、最新のiOS、iPadOS、tvOSのリビジョンに統合された新機能で、開発者が他のアプリケーションやウェブ上でユーザーの動きを追跡する前に、ユーザーに尋ねることを要求します

Appleは、ユーザーのプライバシーを守るための重要なツールであると主張していますが、批判的な意見としては、広告トラッキングの許可を得る必要があることで、ユーザーの参加意欲が減退し、その結果、広告収入に依存しているビジネスに悪影響を及ぼすとしています

Appleは、業界標準のトラッキング手法に代わるプライバシー重視の手法として、一連の安全な広告帰属ツールを提供しています

SKAdNetworkおよびPrivacy Click Measurementを含むこれらのシステムは、ユーザーを直接識別しないため、ユーザーの明示的な許可なしに統合することができます

アップルは、業界標準のトラッキング手法に代わるプライバシー重視の手法として、一連の安全な広告帰属ツールを提供しています。SKAdNetworkおよびPrivacy Click Measurementを含むこれらのシステムは、ユーザーを直接識別しないため、ユーザーの明示的な許可なしに統合することができます

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)