Apple,2020年第4四半期の湾岸地域でのiPhoneの出荷台数は約56%増加

Apple,2020年第4四半期の湾岸地域でのiPhoneの出荷台数は約56%増加

IDCのスマートフォン出荷調査によると、湾岸地域ではAppleが第2位のスマートフォンブランドとなっており、iPhone 12ラインの発売により、2020年第4四半期の販売台数は前四半期比55.7%増となっています

GCC諸国の追跡調査では、スマートフォン市場全体が2020年第3四半期から2020年第4四半期にかけて2.3%成長し、426万台に達しました

また、同スマートフォン市場の金額も同期間に39.5%膨らみ、16億2,000万ドルに達しました、特にAppleについては、四半期ごとの変化が顕著でした

Appleは、「iPhone 12」のラインナップが牽引して、2020年第3四半期から2020年第4四半期にかけて出荷台数が55.7%増加したとされています

IDCのシニアリサーチアナリストであるAkash Balachandran氏は、「Appleは2020年第4四半期にiPhone 12シリーズの強い需要を享受し、一方でiPhone 11シリーズは同地域で引き続き好調だった」と述べています

スポンサーリンク


Samsungが2020年第3四半期に45%だったシェアを第4四半期に42%に縮小したのに対し、Appleは第3四半期に15%だったシェアを第4四半期に23%に急上昇させました、低下したにもかかわらず、Xiaomiは問題を抱えたHuaweiに取って代わりました。Huaweiは市場シェアを13%からわずか8%に大幅に削減しました
IDC 2020Q4
市場全体の上昇は、ほとんどのGCC諸国が国境を再開して通常の旅行ができるようになった時期であり、また、この時期にはUAWでワクチンが展開されています

部品の不足によって促される供給の制約が主な成長の阻害要因になるとアナリストは主張していますが、この地域でCOVID-19ワクチンの展開が増えることで、2021年後半には市場に成長がもたらされるはずです

この地域におけるAppleの成長は、3月4日に欧州、中東、アフリカのスマートフォン市場を対象としたIDCの同様のレポートと呼応しています、同市場は2020年に全体で4.2%縮小したが、Appleはその年に市場シェアを10%伸ばしています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)