Apple TV+、アースデイ2021に先駆けて、希望にあふれる野生生物のドキュメンタリースペシャル「その年、地球が変わった」を発表

Apple TV+、アースデイ2021に先駆けて、希望にあふれる野生生物のドキュメンタリースペシャル「その年、地球が変わった」を発表

アースデイ2021を祝して、Apple TV+は「その年、地球が変わった」を公開します

エミー賞と英国アカデミー賞を受賞したブロードキャスター、デイビッド·アッテンボローがナレーションを務めるオリジナルドキュメンタリースペシャルです、ドキュメンタリーシリーズ「小さな世界」と「カラーで見る夜の世界」のシーズン2も合わせて公開されます

2021年4月16日に世界100か国以上で配信開始されるこれらの画期的なオリジナル作品は、世界最大の年一回の環境保護運動「アースデイ」を前に、観る人を魅了し、気持ちを掻き立てる作品になっています

未曽有の1年の後に撮影された世界中の独自映像を紹介する「その年、地球が変わった」は、世界的なロックダウンを新しいアプローチで捉えたタイムリーなドキュメンタリースペシャルで、そこから生まれたストーリーは私たちの気持ちを高めてくれます

人がいなくなった街に響く鳥のさえずりから、新しい方法でコミュニケーションを取っているクジラ、南米の郊外に現れたカピバラまで、世界中の人がこれまでにはない形で自然と関わる機会を得ることになりました

スポンサーリンク


「その年、地球が変わった」はBBCの自然史班が制作を担当し、プロデューサーはトム·ビアード、エグゼクティブプロデューサーはマイク·ガントンとアリス·キーンズ·ソーパーが務めています

「小さな世界」はシーズン2が始まります

Earth Day 00002

ナレーションとエグゼクティブプロデューサーは「アントマン」で知られるポール·ラッドが担当しています、地球上で最も小さな生き物たちの巧みさと回復力が明らかにされ、視聴者は独自の視点で自然界を眺めることができます

200種以上の生物を撮影した3,160時間分の映像から、6つのエピソードをドキュメンタリーシリーズでお届けします

画期的なオリジナルシリーズ「カラーで見る夜の世界」もシーズン2が始まります

Earth Day 00003

最先端のカメラと革新的な映像処理を駆使した「カラーで見る夜の世界」では、暗闇の中で活動する夜行性動物の驚きの生態をこれまでになく鮮明に捉えています、暗くなった後の、誰も見たことのなかった動物たちの生態を、低照度カメラと満月の光で捉えました

(Via Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)