Appleの2019年第1四半期決算後、アナリストが見解をどのように変えたのか

Appleの2019年第1四半期決算後、アナリストが見解をどのように変えたのか

決算報告後株価は 5%上昇

アナリストは、2018年第4四半期にAAPLの格下げを行いました、その後2019年年頭にTim Cook氏が2019年第1四半期の下方修正をおこない、1月29日(現地時間)に報告をおこないました

投資家はAppleのiPhoneの販売動向を弱めることに慣れていない、収入を減らすことに慣れていません、そしてCook氏の次の四半期のガイダンスが多くの投資家が予想したほど悪くありませんでした

決算報告の後、Appleの株価は水曜日のオープンを前にして162.22ドルでほぼ5%上昇し、金曜日遅くには、Appleは167.25ドルで取引を終了しています

スポンサーリンク

アナリストが収益後のAppleをどう見ているか

24/7 Wall St.は、Appleの収益報告の後に、1ダース以上のアナリストノートを追跡しました

多くのアナリストは現在、2018年よりも慎重に株価を評価しています

UBSは、自社株の買い格付けを繰り返し、実際には目標株価を180ドルから185ドルに引き上げました

Wedbush Securitiesは、第1四半期の見通しが市場が懸念していたよりも優れていたことを指摘し、「買い」推奨の格付けと200ドルの目標値を繰り返しました

Monness Crespi&Hardtは「買い」推奨の格付けを繰り返し収益目標を200ドルから220ドルに目標を上げました

2019年2月1日の週に行われた他のアナリスト要約

  • Bernsteinは、市場の業績評価を維持しており、この報告の後、驚くほど株が高値で取引されたことに注目
  • BMO Capital Marketsは、153ドルの目標価格で維持
  • Merrill Lynchは、中立の格付けを維持しましたが、目標価格を190ドルから180ドルに引き下げ
  • BTIGは買いを維持しましたが、目標価格を197ドルから189ドルに引き下げ
  • Canaccord Genuityは買いを維持しましたが、目標価格を190ドルから185ドルに引き下げ
  • CFRA(S&P Global)は、買いで目標価格を195ドルを維持
  • Citiは、買いで目標価格を170ドルを維持
  • Goldman Sachsは、中立の評価を維持し
  • Maxim Groupは、160ドルの目標価格で保有格付けを維持
  • みずほは、中立の格付けを維持したが、目標価格を175ドルから170ドルに引き下げ
  • Morgan Stanleyは、オーバーウエイトとして維持したが、目標価格を211ドルから197ドルに引き下げ
  • 野村/Instinetは、中立格付けを維持したが、目標価格を175ドルから170ドルに引き下げ
  • Wells Fargoは中立の評価を維持

(Via 24/7 Wall St..)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)