Appleの拡張現実(AR)は、GoogleやMicrosoftより遥かに先行している

Appleの拡張現実(AR)は、GoogleやMicrosoftより遥かに先行している

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

拡張現実(AR)はモバイルの次のフロンティア

Appleの「拡張現実(AR)」の動きは、競合他社のシステムGoogleによって促進されるAndroid、MicrosoftによるWindows よりも遥かに先行しています

拡張現実システムの主な問題

ARシステムにとって最も難しい問題は、まずシステムカメラが与えた視覚画像からその環境を解釈しなければならないということです

これは、ARとAIが重なっている1つの領域で、シーン内のオブジェクトの視覚的認識です。重要な計算リソースを必要とする非常に困難な問題です

プログラマとしてあなたが道路上の一点にアバターを配置したいとしましょう
実のところ、それはフラットな2次元画面上の一点に過ぎません、視野角に応じてその地点は3フィート離れているか20ヤード離れているかもしれません、それに応じてサイズを変更する必要があります

これは数学的には合理的に単純な変換ですが、それを行うにはまず見かけの距離を理解する必要があります

ARKit

AR 001
ARKitは、iOSデバイス用のARアプリケーションを構築するためのAppleのAPIです

本質的に、APIはプログラマーのためにすべての苦労をしています、他のAPIよりもおそらくもっと苦労します

ARKitは、上記の問題ごとにサービスを提供します
いずれの場合も、実世界の場面を解釈するという信じられないほどの作業、すべての人工知能プログラミングが完了しており、すべてがフードの下に隠されており、プログラマーは近くのサーフェスの説明を要求するだけです

モデルをシーンに配置すると、自動的に検出された光源が観察者に関連して動かされるときに、自動的に検出された光源の大きさに合わせてサイズ変更されます


スポンサーリンク

ARKItで作成

この動画は「ARKIt」で作成された「Classic/キズナアイ Kizuna AI」で、人気のあるプログラムMikuMikuDanceで開発されたモデルです



  • これは実在の通りでライブで録音されました
  • 青色の四角形は、歩道の表面を定義するARシステムです
  • 通り過ぎる車などの背景のオブジェクトが、仮想の女の子によって簡単にブロックされます
  • 視聴者は、近寄りまたは後退することができ、またはダンサーの後を通過することができます
  • いかに影が完全に現実的であるかに注目してください、歩く人の動きに比べて少し明るいかもしれませんが、ダンサーと完全に同期しています

重要なのは、この「場面」を作るのがいかに簡単かです。ARKit入門の1時間のワークショップでは、プレゼンターは必要な手順を実行することができました

Appleは長い間ARの準備を進めていると思います

Appleは、携帯電話向けの最初の64ビットプロセッサであるiPhone 5用のA7チップを使って、技術的な世界を驚かせました

Appleは現在のコンピューティングの状態を念頭に置いていただけでなく、未来を築いていました

秋にiOS 11のアップデートが入手可能になると、すぐに最大のARプラットフォームになるでしょう
Appleのデバイスは自動的にARのデフォルトデバイスになり、Androidは追いつくために急いでいます

しかし、Appleは少なくとも3年間はずっと先を行くだろう

(Via Seeking Alpha.)


これにはビックリさせられました、ARKit入門の1時間のワークショップで手順を実行したと言うことです

開発者には「ARKit」は既に公開されていますので、正式に「iOS 11」がリリースされた時には、もとっと多くのビックリするような体験が出来るのではないかと思います


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)