新しい調査によると、Apple Watchは97%の精度で異常な心拍数を検出できる

新しい調査によると、Apple Watchは97%の精度で異常な心拍数を検出できる

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

心拍数計測の精度

ハートビート測定アプリCardiogramとカリフォルニア大学サンフランシスコ校で行われた調査によると、Apple Watchは、AIベースのアルゴリズムと組み合わせて、最も一般的な異常な心調律を97%正確に検出します

Heartrate 002

この調査には、Apple WatchのCardiogramアプリを通じて募集された6,158名の参加者が参加しました

UCSF Health eHeart試験の参加者のほとんどは、正常なEKG測定値を有していましたが、そのうち200人は発作性心房細動(異常心拍)と診断されていました

エンジニアは深いニューラルネットワークを訓練して、Apple Watch心拍数データからこれらの異常な心調律を識別しました


スポンサーリンク




Cardiogramは、2016年にUCSFで調査を開始し、Apple Watchが対向する脳卒中を検出できるかどうかを調べました

UCSFのeHeart研究のためのCardiogram共同創設者兼データ科学者、Brandon Ballingerによれば、脳卒中の4分の1は異常な心臓リズムによって引き起こされます
AppleWactchHeartBeat 001

4人に1人は心房細動

Cardiogramは、心臓の正常なリズムを回復させる51の院内カーディオヴァージョンに対して構築した深いニューラルネットワークをテストし、不規則な心臓活動を発見するニューラルネットワークの能力において97%の精度を達成したと述べています

これまでのところ、これは暫定的なアルゴリズムを基礎とした単なる研究ですが、将来的に脳卒中を特定し予防することを約束しています

心房細動は、最も一般的な異常な心調律であり、一生のうち4人に1人は心房細動になるといわれています

Ballinger氏は、これらのタイプの脳卒中の3分の2が比較的安価な薬物で予防可能であると述べています

脳卒中のリスクが最も高い高齢者を含む多くの人々が、FitbitやApple Watchなどの着用可能な技術を使用し始めています
これは、心臓モニタとして機能します、心臓の問題を特定するために訓練されたアルゴリズムを含めることで、リスクの高い集団のうちのいくつかの人の命を救うことができます

一方、心電図は、主にApple Watchでできるだけ多くの健康データを収集することを目指しています
この特定の研究は、2016年3月に始まりました、心臓だけでなく他の健康問題を検出するために今後も継続的に進められます

画像元:TechCrunch
(Via TechCrunch.)


昨年の10月にCleveland Clinicの研究者が人気のフィットネストラッカー、「Fitbit Charge HR」「Apple Watch」「Mio Alpha」「Basis Peak」の4種類のを比較した記事を投稿しました

この時の結果は、胸に直接に着けるチェストストラップモニターの精度が99%と最高でApple Watchは他のフィットネストラッカーよりも10%以上の精度で90%との結果がありました

日々、装着し続けることで異常の発見は早くなりますので、ますます重要になってくるものと思います


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)