【macOS Mojave】Safari拡張機能ギャラリーや開発者の直接配布ができなくなる

【macOS Mojave】Safari拡張機能ギャラリーや開発者の直接配布ができなくなる

配布モードの変更

これまで、Safariの拡張機能は「Safari拡張機能ギャラリー」で独立して配布、または開発者が直接配布されてきました

開発者は、12月から 「Safari 拡張機能ギャラリー」に新しい拡張機能や更新プログラムを提出することはできなくなります

macOS Mojaveでは、Safariはまだギャラリーからの拡張機能のダウンロードをサポートしています
一方、開発者がWebサイトに直接配布する履歴拡張は、互換性がなくなります

新しいものをインストールすることはできません、既にインストールしている場合は、Safariを初めて起動したときにメッセージが表示され、無効になっていることが警告されます

macOS Mojaveリリースノートによると、AppleはmacOSの将来のバージョン(おそらくmacOS 10.15)にはもはや取り込まれないと言います

スポンサーリンク

Safari App Extensions

「Safari 拡張機能ギャラリー」の代替えになるのが「Safari App Extensions」です

macOS MojaveのSafariでは、メニューの「Safari拡張機能…」を選択すると、Mac App Storeの「Safari App Extensions」がリンクされオープンします
Safari Extensions 001 z

「Safari App Extensions」には、いくつかの利点があります

  • アプリにリンクすることで、インストールが容易になり、互換性が確保され、セキュアアプリとの通信が可能になります
  • Safari App Extensionsは、アプリケーション機能を活用することもできます

しかし、それらを課すことでAppleはSafariの入り口に大きな障壁を与えます、Macアプリケーションには独立した拡張機能が含まれていなければなりません

たとえば、Safariのページを自動的にリフレッシュするためだけのAuto Refreshは、Mac Appにリンクし、Mac App Storeで配布して操作を続ける必要があります

現在、macOS High SierraでもSafari拡張機能は、Mac App Storeに掲載されるようになっています
Safari Extensions 002 z

これから、WebExtention(Chrome用に開発された拡張機能はFirefoxとMicrosoft Edgeでも動作します)とは一線を画すものとなりそうです

それでなくてもSafariの拡張機能は、Chromeと比べるとほんの僅かしかありません

(Via MacGeneration.)

macOS Mojaveに関する投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)