AppleのAirMac ExpressがiOS 12 Betaのホームアプリに再登場

AppleのAirMac ExpressがiOS 12 Betaのホームアプリに再登場

ホームアプリは、iOS 12のAirMac Expressがもう一度表示され、発売終了したハードウェアの愛好家への期待を高めています

AppleInsiderによると、3回の試行後にホームアプリでAirMac Expressの2012年のデザイン変更の外観を確認することができました

タップすると、デバイスはHomeKit周辺機器として追加されませんが、目に見えて失敗します

AirMac Expressの最新アップデートは、2017年12月、KRACKの悪用が今年の早い時期からあったためで、当時のAirPlay 2のテストは行われていませんでした

AirMacパッチは、技術テストの最初のラウンド後、そしてサイクルの最後のほんの少し前に、iOS 11.3ベータ版を使用して2回目のiOS 11.3ベータ版がリリースされました

AirMac ExpressへのKRACK修正前のアップデートは、2016年12月に提供されました

スポンサーリンク


AirMac Express 002
iOS 12ベータ版のデバイスの外観は、可能なHomeKit付属品とAirPlay 2ターゲットとして登場したのは2度目で、最初はiOS 11.4ベータ版で約2週間後にリリースされたiOS 11.4 beta 2では、表示されなくなってしまいました

AirMacのラインナップは全廃されています

現在のところ、古いハードウェアの外観は、テストプロセスの異常ではないように見えますが、古い謎をすべて再現しているように見えます

当初はAirTunesと呼ばれていたときから、AirMac Expressはしばらくの間再生対象となっていたため、デバイスのAirPlay機能とは明らかに関係しています

もう一度、他のAirPlay対応デバイスは、再表示後にテストされ、ホームアプリケーションには表示されませんでした

(Via appleinsider.)


AirMacのラインナップは全廃され、後々のためにとAirMac Expressを先日購入した身としては、ぜひとも復活してAirPlay 2として利用出来るようになって欲しいものです











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)