macOS CatalinaでAdobe PhotoshopとLightroomで互換性の問題が発生

macOS CatalinaでAdobe PhotoshopとLightroomで互換性の問題が発生

互換性の問題

macOS Catalinaのリリース後、PhotoshopとLightroom Classicにいくつかの新しい互換性の問題があることが発見されました

問題が解決するまでmacOS Catalinaへのアップグレードを見合わせたほうが良いと思われますが、多くのユーザーにとって、これらは大きな問題ではないかもしれません

Photoshop

いくつかの互換性の問題が発生しています

Photoshop を使用して軽い画像編集を行うだけの場合は、カタリナへの更新に問題はありません、ただし、現在修正を待っている問題がいくつかあります

多くのユーザーが既に遭遇している最大の問題は、保存時にファイルに名前を付ける時です、Catalina を実行している場合、ファイル形式を変更してもファイルの拡張子は変更しません

つまり、ファイルを保存する場合は、ファイル名に一致するように拡張子を手動で設定する必要があります

Adobe Bug 00002 z

プラグインも互換性の問題を抱えています

macOS Catalina にアップグレードする前にすでにプラグインがインストールされているほとんどのユーザーにとって、問題はありません

ただし、macOS Catalina を実行していて、新しいプラグインをインストールしようとすると、「プラグインの整合性を確認できないため、プラグインを開くことができません」というエラーが表示される可能性があります

Adobe は、PhotoshopとCatalinaのページで sudo コマンドを使用してこの問題を解決する方法についてユーザーを説明します

他の問題も指摘されています。ExtendScript ToolkitはCatalinaでは動作しなくなりましたが、ExtendScript Debugger 1.1.0に置き換えられたため、これはバグではありません

スポンサーリンク

Lightroom

Lightroom Classic 8.4.1はCatalinaで動作するはずですが、Photoshopのように、修正待ちの特有の問題がいくつかあります

Lightroomのテザー機能は、「テザーキャプチャの開始」を選択した後に電源がオンになっている場合、Nikonカメラを検出しません

回避策は非常に簡単で、キャプチャを開始する前に、ニコンのカメラがオンになっていることを確認してください

Len Profile Creatorは32-bitユーティリティであるため、Catalinaでは動作しません

Adobeは現在、64-bitユーティリティになるように更新中です

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)