macOS Big Sur、Patcherでサポート外のMacにベータ版をインストール

macOS Big Sur、Patcherでサポート外のMacにベータ版をインストール

新しいデスクトップオペレーティングシステムmacOS Big Surの最初の開発者ベータ版を、アップデートをサポートしていないMacにインストールしたいユーザーは、非公式のPatcherが利用できるようになりました

ここで利用できるツールは、現行のテストシステムを2012年以降のMacBook AirとMacBook proモデルにインストールすることが可能ですが、いくつかの制限があります

たとえば、古いMacの多くはmacOS 11でWLANモジュールをアクティブにできなくなり、予期しない問題が発生する可能性もあります

たとえば、最初インストールした人は、fnキーをダブルクリックしてディクテーション機能を有効にしても動作しないことを報告しています

互換リスト

MacOS Big Sur Patcher 00001 z

スポンサーリンク

必要なもの

  • 上記リストのコンピュータ
  • 16GB以上のUSBフラッシュドライブ
  • 11.0b1 インストーラパッケージのコピー。
  • インストーラを起動させるために必要なツール(現在のバージョンは 0.1.3)で、ここで入手できます
  • インストール手順はここに記載されています

このpatcherは、古いMacに新しいAppleのOSをインストールするための同様のツールを何年も前から提供している「dosdude」などによって開発されています

(Via ifun.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)